超拡散*ゲノムトンネル

“なう”の熱い最新の話題をお届けします☆彡

政治・経済

飯塚市長・副市長が麻雀賭博問題で会見、大人げない態度

投稿日:2016-12-28 更新日:

福岡県飯塚市長・副市長が麻雀賭博問題で会見

福岡県飯塚市の斉藤守史市長と田中秀哲副市長が平日の昼間、つまり勤務中にもかかわらず勤務先の市庁舎を離れてお金を賭けた麻雀をしていた問題があり、市長と副市長が会見を開きました。

市長と副市長は記者会見で多くの記者を前に「お金を賭けないで麻雀をやる人がいるのか? 記者の皆さんに調べて欲しいくらいです」と開き直った態度を取って市民の反感を買っているようです。

あの記者会見の態度は如何なものか?

まず、記者会見の態度がよくなかったですよね。面白くないように椅子に仰け反って座り、記者の質問にもぶっきらぼうに答えていた姿は怒りを通り越して呆れるしかありませんでした。

また、賭け事の認識についても「何が悪い!」と開き直っています。今は昭和ではなく平成の世ですし、彼らは高校生ではなくて選挙で選ばれた市長です。大人の態度ではありませんでしたね。

市長と副市長は辞職せず・・・

もちろん辞職を望みますが、市長と副市長は辞職をするつもりはないようです。

おそらくは議会で罷免されて職務停止、その後は解任になる事がわかっているため、あのような態度を取っているのでしょう。

悪い事をしたのは明らかなので、視聴者が子供であってもハッキリ分かるように謝るべきでしたね。

今の仕事も、そして今後の信用も無くしてしまったことでしょう。

(写真はイメージであり、本文とは関係ありません。)

-政治・経済
-, , , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

過労死問題の電通で突然の社長辞任、労働環境は改善したのか?

長時間労働で過労自殺者を出した電通では社長が辞任しましたが、新しく人を入れるなどの対策が十分でないため仕事量は減らず、結局は各自が仕事を持ち帰るなど、ますます労働時間の把握が出来ない状況になっています …

少女像問題で、駐韓日本大使一時帰国

日本政府が、釜山に本総領事館前に置かれた慰安婦を象徴する少女像への対抗措置として、9日に長嶺駐韓日本大使と森本康敬釜山総領事の帰国を決めました。両国関係を良好にするための対抗措置であり、帰国期間は長く …

東芝・原発事業失敗で7000億円の損失、従業員19万人はどうなる!?

東芝という日本を代表する巨大メーカーが、アメリカでの原子力事業の失敗により、主力の半導体事業を分離しない限り存続できない可能性が浮上しています。従業員19万人を抱える巨大企業が存続できないことになると …

日本メーカー開発の新素材・炭化ケイ素繊維、米GEの最新エンジンに導入

日本のメーカーが大学と協力して開発した新素材の炭化ケイ素繊維が、米ゼネラル・エレクトリック社の最新エンジンに導入されることが発表されました。今後もロケットなど航空宇宙分野や発電機などのエネルギー分野で …

今上天皇の生前退位後の呼称は「前天皇」か「○○」か

今上天皇の生前退位が大きな話題となっていますが、それが実現した場合に退位された今上天皇の呼称を従来使用されていた「上皇」にするのか、新呼称をつくるのかが政府内部で問題とされています。 上皇(太上天皇) …

まだデータがありません。