超拡散*ゲノムトンネル

“なう”の熱い最新の話題をお届けします☆彡

生活

JASRACが音楽教室から著作権使用料を徴収する意向

投稿日:

これまでカラオケでの著作権使用料等を徴収してきたJASRACが、音楽教室からも著作権使用料を徴収する方針を打ち出したそうです。その法的根拠をはどこにあるのかよく考えてもらいたいです。

音楽教室の生徒は本当に不特定多数に当てはまるのでしょうか?一般的な感覚ではとてもそのようには思えません。

社交ダンス教室での著作権使用料ではJASRACが勝訴しているようですが、音楽教室では一体どうなるのでしょうか・・。今後の動きが気になります。

音楽の著作権を管理する一般社団法人

これまで、カラオケや社交ダンス教室での著作権使用料を徴収しきた団体、JASRAC(一般社団法人日本音楽著作権協会)は音楽の著作権を管理する団体です。

著作権使用料を徴収することにより、作曲家や作詞家の知的財産を守ってきました。しかし、音楽教室からも著作権使用料を徴収する方針を固め、日本全国の音楽教室に波紋を広げています。

音楽教室で著作権料を徴収する根拠はどこに?

私も小さい頃音楽教室に通っていました。夢を持って練習していたので、とっても気になります。

音楽を習うのは非常にお金がかかります。ズッと習い続けられるのは本当に、余裕のある人達だけなので、もっと寄附や、援助があっても良いのではないかと思っていたところに、著作権使用料の徴収で驚きました。

音楽普及の為に免除してもらいたいです。

何のために徴収するの!?音楽普及の妨げになるのでは・・?

音楽教室で練習のために使うだけで著作権が発生するのはおかしいと思います。

また、真剣に音楽に向き合ってレッスンを重ねている人達を、応援したり援助するのは理解できますが、お金を請求するのは音楽普及の面から考えるとやはりおかしいと思います。

最高裁まで戦って欲しいと思います。音楽を志す人達を守って欲しいです。

(写真はイメージです。)

ライター:wsg 編集:moz

-生活
-, , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

村上春樹が、新作長編小説「騎士団長殺し」を2月24日に発売

2月24日に発売される村上春樹さんの新作長編小説は、『騎士団長殺し』というタイトルです。ストーリーはまだ公表されていませんが、そのタイトルからは、村上作品ならではのスリリングで難解なストーリーが期待で …

北海道・札幌市内で50年ぶりの大雪、交通も大きく混乱

札幌で連日連夜の大雪 ここ数日、札幌市では連日連夜大雪の降る日が続いている。ただ雪が降るだけであれば、札幌市においては何の変哲も無いごく普通の冬の景色。だが、このたびの降雪量は市民から見ても尋常では無 …

ファミレスが24時間営業を止めるそのワケは○○!?

ファミリーレストランの24時間営業が終わりつつあります。SNSの普及が若者の行動パターンを変えたことが、大きな原因と言われています。「人と人が集う」という人間にとって基本的なこと、そして社会の基本が大 …

乙武氏・不倫騒動から約1年、メッキが剥がれて開き直り。傍若無人ぶりに拍車

乙武洋匡さんは大学生の時に発表した「五体不満足」がベストセラーになり、作家として、タレントとして有名になりました。障害者であるのに、まさに生き生きとしている代表のような方でしたが、障害者であるが故にま …

社会における学歴分断はどうすれば解消できるのか?

親の収入と学歴による格差は比例するというデータがあります。大卒家庭と非大卒家庭の間には文化の違いもあり、大卒家庭は大学のメリットを知っています。大卒は大卒同士、非大卒は非大卒同士で違う文化で生きている …

まだデータがありません。