超拡散*ゲノムトンネル

“なう”の熱い最新の話題をお届けします☆彡

スポーツ

22歳の伊藤有希が今シーズン初優勝!!W杯で高梨沙羅と女王争い

投稿日:

出典:asahi.com

22歳の伊藤有希が今シーズン初優勝を飾り、その後第10戦も優勝したことでワールドカップのポイントの差が高梨沙羅と縮まってきています。

これから残り9戦での、飛型点が稼げる伊藤有希とテレマークが課題の高梨沙羅とのワールドカップ世界女王の座を争う戦いが見ものです。

北海道下川町出身、両親はスキー選手

伊藤有希はスキージャンプが盛んな北海道下川町出身の22歳女性です。父は元スキージャンプ選手、母は元スキーアルペン競技の選手でした。

4歳の時からスキージャンプを始め、小学校6年生で大倉山ジャンプ競技場のラージヒルを飛んでいます。

2013年2月に行われたイタリアの世界選手権男女混合団体では、高梨沙羅、伊東大貴らとともに金メダルを獲得しています。2013年4月に土屋ホームへ入社し、葛西紀明選手兼監督の指導を受けながら世界を転戦しています。

出典:ayapanland.com

高梨沙羅に続く2番手の日本選手

スキージャンプはこれまで高梨沙羅ばかり注目されていて、伊藤有希は高梨沙羅に続く日本選手2番手でありながら注目度は低かったように感じていました。

実際に2015・2016年シーズン終了後は年間総合8位で、表彰台はワールドカップ第3戦で2位となった一回きりでした。しかし今シーズンは開幕戦から連続2位、第5戦では3位と好調を維持していました。

出典:ayapanland.com

そして迎えた第7戦札幌では、高梨沙羅を抑えてワールドカップ初優勝を飾りました。

ジャンプW杯、伊藤有希と高梨沙羅の女王争い

伊藤有希はその後も好調です。このワールドカップ第10戦を制したことで高梨沙羅のポイントが815ポイント、伊藤有希が732ポイントと急速にその差が縮まっています。

第3位の選手は517ポイントであること、残り試合が9という数から考えると二人の一騎打ちとなる可能性大です。この2人が現在好調で飛躍距離は互角。問題は飛型点です。

葛西紀明張りの素晴らしい空中姿勢を見せる伊藤有希が初の世界女王となるか、またまたテレマークが課題の高梨沙羅が盛り返すか、これ以降の大会が楽しみです。

ライター:kg 編集:moz

-スポーツ
-, , , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

青学大、マラソン・五輪メダルへの挑戦!!

現在箱根駅伝で3連覇中の青学大陸上部。実業団の長所を取り入れたり、新しい試みを始めようとする原晋監督の考えは素晴らしいと思います。さらに川内優輝選手などのトレーニング方法なども取り入れて「マラソン日本 …

復帰戦で白星発進のシャラポワ、「妖精復活」なるか?

10代のころから「妖精」と呼ばれて、スター選手だったマリア・シャラポワは、世界ランキング1位となるなどプロ女子テニス界において長年活躍してきました。 ドーピング問題で15ヶ月の資格停止処分を受けた後の …

新横綱・稀勢の里が、明治神宮で奉納土俵入りを披露

初場所で初優勝した稀勢の里が明治神宮で奉納土俵入りを披露しました。15歳の初土俵から15年をかけて横綱へ昇進は晩成型だった先代の親方、横綱・隆の里を彷彿させます。 19年ぶりの日本出身横綱とあって日本 …

稀勢の里、千秋楽に白鵬を退け初優勝!!横綱昇進が確実に

大関・稀勢の里(30=田子ノ浦部屋)が千秋楽で横綱・白鵬(31=宮城野部屋)を退けて念願の優勝を果たしました。昨年の年間最多勝、今回の優勝を受けて、横綱昇進を審議する理事会招集することがあきらかになり …

フェデラー怪我から復帰、全豪オープン決勝進出!!

2017年の全豪オープンで怪我から復帰して決勝まで進出したロジャー・フェデラーの活躍は素晴らしい。錦織圭選手にはぜひこのロジャー・フェデラーを越えて、同年代の選手と共に新しいプロテニス界を引っ張ってい …

まだデータがありません。