超拡散*ゲノムトンネル

“なう”の熱い最新の話題をお届けします☆彡

スポーツ

錦織圭、フェデラーに敗れベスト8ならず

投稿日:

出典:grandslam-fan.com

錦織圭選手は今回の全豪オープンで、惜しくもフェデラー選手に負けてしまいました。

もう少し相手を疲れさせていれば勝利したかもしれません。トップ選手が相次いで負けていただけにもったいなかったです。

さらに体力面を見直して、今年はグランドスラムのひとつを取ってもらいたいです。

山口県出身で、好物は「のどぐろ」

錦織圭選手は1989年生まれ、現在27歳のプロテニス選手です。出身は山口県でのどぐろという独特のお魚が大好きです。

小学生の時にプロテニス選手の松岡修造の「修造チャレンジトップジュニアキャンプ」に参加しています。

中学生の時に盛田正明テニス・ファンドの第4期特待生に選抜され、2007年18歳の時にプロに転向、2008年にATPデルレイビーチ国際テニス選手権で初優勝、その後ランクを上げ続け、世界ランク5位となっています。

出典:jiji.com

4回戦でフェデラーに敗北、ベスト8を逃す

今回、錦織圭選手は全豪オープンでフェデラーに残念ながら負けてしまい、ベスト8を逃しました。私はライブ中継でテレビで第3ゲームから見ていました。

錦織圭選手が3セットを続けて失った後、1セット取り戻し次のセットでブレイクチャンスをつかみそうになりながらフェデラーの粘りに屈してしまった後のプレーが注目でした。

気力を失ったか、どこかを痛めてかわかりませんが、打ち返すボールがネットを越えない、コーナーを狙ったボールがアウトになるなど凡ミスが続きました。

あのセットでもう少しフェデラーを疲れさせてさえいれば、第5ゲームで勝っていたと思います。

出典:asahi.com

元世界王者に優勝チャンスを阻まれる

全豪オープンでは世界ランク2位のジョコビッチが早々と敗退し、同じく世界ランク1位のマレーもベスト8を逃しています。フェデラーに勝ってさえいれば、優勝のチャンスがあっただけにこの敗戦が悔やまれます。

技術的にはまったく問題がない錦織選手なので、まず今まで以上に体力面を見直してスタミナをつけていくこと、ボディケアに努めること、体幹をさらに鍛えることが望まれます。

世界ランクトップ選手たちに陰りが見え始めているので、今年はグランドスラムのひとつは必ず取ってもらいたいと願っています。

ライター:kg 編集:moz

-スポーツ
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新横綱・稀勢の里が、明治神宮で奉納土俵入りを披露

初場所で初優勝した稀勢の里が明治神宮で奉納土俵入りを披露しました。15歳の初土俵から15年をかけて横綱へ昇進は晩成型だった先代の親方、横綱・隆の里を彷彿させます。 19年ぶりの日本出身横綱とあって日本 …

浅田真央、アクセルジャンプに失敗し1回転半しか跳べず

全日本選手権の3日目、浅田真央はアクセルジャンプが失敗して1回転半となり、SP8位と出遅れてしまいました。 女子フィギュアスケート界の国民的アイドル・浅田真央 浅田真央は女子フィギュアスケート界の国民 …

木滑良選手が別府大分マラソンで3位入賞し、自己ベストも更新

2017年2月に行われた別府大分マラソンで木滑良選手は自己ベストタイムで3位に入りました。木滑良選手はチーム内の競争によりさらに伸びていくことが予想されます。ぜひ2020年尾東京オリンピックを目指して …

大谷翔平がWBC投手を辞退、全米が一斉に報道

今回のワールドベースボールクラシック(WBC)へのピッチャーとしての大谷翔平選手の出場はなくなりました。それを全米が一斉に報道したことは驚きです。来年、メジャー移籍が確実な大谷選手にとっては今が大事な …

2026年ワールドカップより、出場枠48に大幅拡大を決定!!

サッカーW杯の本大会出場枠が、2026年の次々回開催より、現行の32ヵ国から48ヵ国に大きく増加されることが決定しました。 日本が所属するアジア地区の出場枠も、現行の4.5から増加されることが見込まれ …

まだデータがありません。