超拡散*ゲノムトンネル

“なう”の熱い最新の話題をお届けします☆彡

スポーツ

フィギュア・宇野昌磨が自己最高得点で絶好調、世界歴代4位相当!!

投稿日:

出典:netanotane365.com

フィギュアスケート宇野昌磨選手が、プランタン杯にて、ショート・フリーともに1位となり、国際スケート連盟非公認ながらも世界歴代4位相当に値する、自己最高得点の合計303.68にて優勝、今月末の世界選手権へ向けて、絶好調をアピールしました。

昨年末の全日本フィギュアスケート選手権で初優勝、超期待の星

男子フィギュアスケート選手の宇野昌磨選手は、昨年末の全日本フィギュアスケート選手権で初優勝をかざった、男子フィギュアスケート界の超期待の選手です。

前五輪金メダリストで絶対王者の羽生結弦選手に継ぐ、世界屈指のスケーターで、ただ今急成長中の19歳。

グランプリファイナルでは、銅メダルを獲得しており、今月末から行われる世界選手権の代表としても決定しています。世界選手権では表彰台を目指して大活躍間違いなしの期待の有望選手です。

出典:mainichi.jp

世界歴代高得点の4位相当、自己最高得点で絶好調

羽生結弦選手に継ぐ、日本人男子選手が世界歴代高得点の4位相当に君臨するのは、日本人としてとてもうれしいことです。

しかも歴代3位まではすべて羽生選手の得点、その得点に継ぐ4位ということで、非常にすばらしい実力の持ち主ということが証明されたニュースです。

今月末の世界選手権へのよいステップになりそうですし、彼が現在絶好調というのがわかります。

世界選手権へ向けて、調整もバッチリ

こちらは国際大会といえど、B級大会でもあります。ですが、この大会に出場した理由は、今月末に行われる、世界選手権への調整が含まれているのです。

試合勘を調整しつつ、好調であることをフィギュアスケート界の審判にアピールする(PCSにつながる)要素となります。

今月末の世界選手権へ、万全の状態ができあがっていることをうかがわせます。

出典:sankei.com

ライター:clrm 編集:moz

-スポーツ
-, , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

錦織圭、ディミトロフに1−2で敗れブリスベン国際初優勝を逃す

テニス「ブリスベン国際」の決勝において、錦織圭選手(世界ランキング5位)がブルガリアのディミトロフ選手にセットカウント1-2で敗れ、この大会の初優勝を逃しました。 また、この試合の間に臀部を傷め、今後 …

浅田真央が全日本選手権大会で12位、世界選手権出場ならず

浅田真央はジャンプの不調が重なり点数が出せず、全日本選手権大会で12位と残念な結果に終わり、3月に行われる世界選手権大会への出場を逃しました。 14歳でデビューした浅田真央選手、トリプルアクセルでファ …

イチローが特訓した、オリックス「青濤館」いよいよ幕引き

毎年恒例のイチロー選手の日本での(青濤館での)調整も今年で最後になってしまいます。ですがイチローイズムは確実に受け継がれており、新しくできる京セラドームからすぐ近くの施設では、より充実した設備ができる …

22歳の伊藤有希が今シーズン初優勝!!W杯で高梨沙羅と女王争い

22歳の伊藤有希が今シーズン初優勝を飾り、その後第10戦も優勝したことでワールドカップのポイントの差が高梨沙羅と縮まってきています。 これから残り9戦での、飛型点が稼げる伊藤有希とテレマークが課題の高 …

稀勢の里、ようやく掴んだ横綱昇進

スピード出世から一転スローペースで、やっと横綱の地位を勝ち取った稀勢の里関。その昇進の経緯と小錦関との比較、負け越せば即引退というその地位のプレッシャーに負けずに頑張ってくれるのか、または引退が早まる …

まだデータがありません。