超拡散*ゲノムトンネル

“なう”の熱い最新の話題をお届けします☆彡

政治・経済

日本メーカー開発の新素材・炭化ケイ素繊維、米GEの最新エンジンに導入

投稿日:

日本のメーカーが大学と協力して開発した新素材の炭化ケイ素繊維が、米ゼネラル・エレクトリック社の最新エンジンに導入されることが発表されました。今後もロケットなど航空宇宙分野や発電機などのエネルギー分野での応用が見込まれています。

スポーツ・レジャー、航空宇宙分野に応用が期待される複合材料用強化繊維

炭化ケイ素繊維とは、ケイ素を含有するポリカルボシランを高温で蒸し焼き(熱酸化)することで不融化処理した後、1200~1500℃で焼成して製造されます。

耐熱性(1800~2000度)、耐酸化性に優れ、電気的特性の制御も可能なことから一般産業、スポーツ・レジャー用品、航空宇宙分野において各種複合材料用強化繊維としての応用が期待されている新素材です。

日本メーカーが開発した最先端の新素材

炭化ケイ素繊維は金属材料に比べ3分の1の軽さと20%も高い耐熱性を備え、1,800度~2,000度の超高温下でも使用できます。

さらに電磁波吸収機能があるため、特に航空機のエンジンパーツや戦闘機など航空宇宙分野での応用が期待されています。

航空宇宙分野に関連した新素材の開発や応用のニュースを見聞きすると、SFの世界が現実になったようにワクワクします。また、この素材は日本メーカーが開発したものであり、技術分野で最先端を行く日本メーカーの技術力の高さを誇らしく感じます。

出典:nikkei.com

日本の科学技術を牽引する官民学連携の研究開発

航空宇宙分野は(特にアメリカなどでは)軍事部門との関係性も深く、市場規模も大きく見込まれます。今回の新素材採用が成功をおさめると今後のシェア拡大の足掛かりにもなり、ひいては日本という国の影響力を高めることや国益にもつながるでしょう。

今後もこうした官民学が連携した研究開発が活発となり、成功例が増えていって欲しいですね。

ライター:Ln1 編集:moz

-政治・経済
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今上陛下、2018年内に退位を検討か

生前退位が取りざたされている今上陛下は2018年内で退位され、皇太子殿下が2019年1月1日に第126代天皇に即位されることが政府内部で検討されています。 即位と同時に新元号(一世一元制度による)が使 …

4割超の企業で人材不足!?不況なのに人材が足りないそのワケは・・・

仕事に就けない人がいまだ多くいる中、企業は人材不足で悩んでいるという矛盾が過去10年で最多の数値を記録しているそうです。人材育成を提供する新たな企業もしくは国の政策が必要になっているのかもしれません。 …

東京オリンピックを睨んで、サイバー脅威情報を集約・センター設置

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに備え政府が「サイバーセキュリティ戦略」を見直し、サイバー攻撃を実際に受けた場合の「オリパラ対処調整センター」(仮称)を政府内に設置すると発表。内閣を中心に …

過労死問題の電通で突然の社長辞任、労働環境は改善したのか?

長時間労働で過労自殺者を出した電通では社長が辞任しましたが、新しく人を入れるなどの対策が十分でないため仕事量は減らず、結局は各自が仕事を持ち帰るなど、ますます労働時間の把握が出来ない状況になっています …

安倍首相とトランプ大統領は「ケミストリーが合う」

トランプ大統領と安倍首相は非常に相性が良いみたいです。両者には生い立ちや趣味など共通点が見られます。トランプ大統領は外国首脳相手にはおとなしい印象を受けました。強気のように見えて、案外国内だけの内弁慶 …

まだデータがありません。