超拡散*ゲノムトンネル

“なう”の熱い最新の話題をお届けします☆彡

生活

村上春樹が、新作長編小説「騎士団長殺し」を2月24日に発売

投稿日:

2月24日に発売される村上春樹さんの新作長編小説は、『騎士団長殺し』というタイトルです。ストーリーはまだ公表されていませんが、そのタイトルからは、村上作品ならではのスリリングで難解なストーリーが期待できそうです。

村上さんの長編小説はどれも有名な作品ばかりなので、今度の作品もかなりの売れ行きが予測されます。

毎年ノーベル文学賞の受賞が期待され続けている村上春樹さん

村上春樹さんは、今年の1月で68歳になる日本の小説家兼翻訳家です。

村上さんの本は世界40カ国以上の国で出版されていて、毎年ノーベル文学賞候補にも挙げられています。そういう意味でも、今世界で最も注目される小説家と言えるでしょう。

その作品は、誰にでも読みやすい文章と難解なストーリーがあいまって、世界の幅広い読者から支持を受けています。

代表作には、『ノルウェイの森』『海辺のカフカ』『1Q84』などがあります。

出典:jianshu.com

新作長編小説『騎士団長殺し』を発表

具体的な内容はまだ公表されていませんが、2月24日に発売される長編小説の題名が『騎士団長殺し』ということで、村上さんらしい難解なストーリーがイメージできます。

前回の大作『1Q84』は、社会問題を焦点にしながらも、比喩的な表現を盛り込んだ恋愛小説でした。

今回は「顕(あらわ)れるイデア編」「遷(うつ)ろうメタファー編」といった非常に哲学的なサブタイトルがついていることから、前回とひと味違ったスリリングな内容が期待できそうです。

今回は全2巻で、一冊1,944円となっています。金額を考えると図書館で予約するのも得策かもしれません。

上下2巻の長編小説は、販売部数にも大いに期待

村上さんがこれまでに出した作品のうち、2巻以上になる長編小説はどれもかなり有名で、内容の濃い作品が揃っていることから、2月に発売される新作も、発行部数は少なくとも、上下巻あわせて100万部以上になることは確実でしょう。

ちなみに、村上作品で一番ヒットした『海辺のカフカ』は上下巻累計で400万部以上発行されていることから、内容次第では300万部以上増刷されることも十分あり得ます。

村上さんは今年1月で早くも68歳になります。しかし見た目もまだまだ若いですし、これからも精力的な執筆活動を展開していただきたいですね。

ライター:st1 編集:moz

-生活
-, , , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ファミレスが24時間営業を止めるそのワケは○○!?

ファミリーレストランの24時間営業が終わりつつあります。SNSの普及が若者の行動パターンを変えたことが、大きな原因と言われています。「人と人が集う」という人間にとって基本的なこと、そして社会の基本が大 …

看護師への道が難しくなった!?国家試験の難易度アップに受験生が爆発!!

看護師になるための教育は決してやさしいものではありません。そして最終的なゴールとして国家試験が待ち構えているのです。国家試験を一度落ちると、次からの合格がさらに難しくなります。そのため国家試験は、あま …

社会における学歴分断はどうすれば解消できるのか?

親の収入と学歴による格差は比例するというデータがあります。大卒家庭と非大卒家庭の間には文化の違いもあり、大卒家庭は大学のメリットを知っています。大卒は大卒同士、非大卒は非大卒同士で違う文化で生きている …

ドラマーに朗報!!家庭でも手軽に練習できる「VRドラム」が登場

Emre Tanirganさんが開発しているVRアプリ「Paradiddle」を使って仮想空間でドラムを演奏する様子がYouTubeで公開されています。VRゴーグルと専用コントローラーを用意すれば、ど …

JASRACが音楽教室から著作権使用料を徴収する意向

これまでカラオケでの著作権使用料等を徴収してきたJASRACが、音楽教室からも著作権使用料を徴収する方針を打ち出したそうです。その法的根拠をはどこにあるのかよく考えてもらいたいです。 音楽教室の生徒は …

まだデータがありません。