超拡散*ゲノムトンネル

“なう”の熱い最新の話題をお届けします☆彡

スポーツ

青学大、マラソン・五輪メダルへの挑戦!!

投稿日:

出典:number.bunshun.jp

現在箱根駅伝で3連覇中の青学大陸上部。実業団の長所を取り入れたり、新しい試みを始めようとする原晋監督の考えは素晴らしいと思います。さらに川内優輝選手などのトレーニング方法なども取り入れて「マラソン日本」を青学大陸上部を中心に復活させてほしい。

箱根駅伝で3連覇中の青学大陸上部

青学大陸上部は、現在、原晋監督が率いる陸上競技チームです。長距離ブロックと短距離ブロックに分かれており、長距離ブロックは2015年、箱根駅伝出場20回目にして初の総合優勝を果たし、2016年、2017年も連続で優勝しています。

OBには「3代目山の神」と呼ばれた神野大地、2016年の箱根駅伝の金栗四三杯に輝いた久保田和真らがいます。

実業団チームと協力体制、練習方法に工夫

原晋監督が「東京五輪はすぐにやってくる、劇的な変化が必要で、大学のチームと実業団チームのお互いの長所を取り入れたり、指導者や選手が刺激し合うことが必要」と言っていることにはすごく納得しました。

すでにGMOアスリーツの花田勝彦監督との協力体制が進んでおり、「マラソンで勝つ」という意気込みをすごく感じます。

また練習方法として「42.195キロ走」を取り入れていることは素晴らしいと思います。その中でラストの2.195キロのペースアップは一番大事なことで、日本人がケニア、エチオピア勢に対抗するには最高の方法だと思います。

出典:focus104.blog.so-net.ne.jp

オリンピックで勝てる選手の育成

青学大の現エース一色恭志、10代フルマラソン日本記録保持者の下田裕太はこれからどんどんフルマラソンでの自己記録を伸ばしていくことは間違いありません。

原晋監督の言う通り実業団チームとの刺激も大事だと思います。そして、さらに川内優輝選手が独自で取り組んでいる山登り、100キロ走なども取り入れて頂きたいと思います。

オリンピックで勝つということは、人と同じことをしていては勝てないと思います。是非「マラソン日本」を青学大陸上部を中心に復活させてほしいと思います。

ライター:kg 編集:moz

-スポーツ
-, , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

浅田真央、アクセルジャンプに失敗し1回転半しか跳べず

全日本選手権の3日目、浅田真央はアクセルジャンプが失敗して1回転半となり、SP8位と出遅れてしまいました。 女子フィギュアスケート界の国民的アイドル・浅田真央 浅田真央は女子フィギュアスケート界の国民 …

稀勢の里、ようやく掴んだ横綱昇進

スピード出世から一転スローペースで、やっと横綱の地位を勝ち取った稀勢の里関。その昇進の経緯と小錦関との比較、負け越せば即引退というその地位のプレッシャーに負けずに頑張ってくれるのか、または引退が早まる …

阪神マウロ・ゴメス選手が契約打ち切りで、韓国リーグへ

阪神タイガースで2014年から2016年までの3年間、クリーンナップとして活躍していたマウロ・ゴメス選手が、来シーズンの2017年は、韓国リーグのサムスン・ライオンズと契約する模様です。2016年のシ …

復帰戦で白星発進のシャラポワ、「妖精復活」なるか?

10代のころから「妖精」と呼ばれて、スター選手だったマリア・シャラポワは、世界ランキング1位となるなどプロ女子テニス界において長年活躍してきました。 ドーピング問題で15ヶ月の資格停止処分を受けた後の …

新横綱・稀勢の里が、明治神宮で奉納土俵入りを披露

初場所で初優勝した稀勢の里が明治神宮で奉納土俵入りを披露しました。15歳の初土俵から15年をかけて横綱へ昇進は晩成型だった先代の親方、横綱・隆の里を彷彿させます。 19年ぶりの日本出身横綱とあって日本 …

まだデータがありません。