超拡散*ゲノムトンネル

“なう”の熱い最新の話題をお届けします☆彡

スポーツ

錦織圭選手が今季シングルス初戦で逆転勝利を決め、準々決勝へ進出

投稿日:

 

プロテニスプレーヤーである錦織圭選手が、2017年における今季シングルス初戦を戦い、第一セットは落としたものの、逆転勝利にて見事準々決勝へ進出です。今回の大会は男子テニスのブリスベン国際で、1月4日に行われたシングルス2回戦を勝ち抜きました。

世界でトップ5に入るプロテニスプレーヤー錦織圭

錦織圭選手は日本人プロテニスプレーヤーとしてもトップクラス、世界ランキングも常に上位5位以内をキープしている世界クラスのテニスプレイヤーでもあります。

四大テニス大会の中でも決勝に残るなど活躍については日本全土で知られており、2017年の今年こそは、四大大会での初優勝を錦織選手自身も、そして国内外のファンも待望しています。

多くの大会に出場し、肉体面にも精神面にもタフさを発揮

2017年に入って、初めてのテニス大会に参加している錦織選手です。まだ、昨年の余韻が冷めやらぬうちに、すでに新年のスタートを切っている点が凄いです。体のメンテナンスをどうしているのか気になります。

シングルスの戦いだけでなく、ダブルスにも参戦しており、プロテニスプレーヤーの肉体面・精神面のタフさを感じます。国内でなく、世界での大会を参戦するので、本当に感心します。

シングルス初戦では、苦戦しながらも、きっちりと逆転勝利したところが実力者です。

四大大会での優勝を目指す錦織選手の課題は?

今シーズンは、本人もランキング上位2名である、アンディーマリー選手やノバク・ジョコビッチ選手を倒しての四大テニス大会での優勝を目標に考えているはずです。

その為には、精神面以上に、体力面をいかに上手く調整するかがカギになります。体が小さい錦織選手は、連戦が続くと、どうしても疲れからプレーの質が落ちてしまい、ベストパフォーマンスで準決勝や決勝を戦えない場面が多いので、今年はその辺の課題をどう克服して挑むのかが見所です。

(写真はイメージであり、本文とは関係ありません。)

-スポーツ
-, , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大谷翔平がWBC投手を辞退、全米が一斉に報道

今回のワールドベースボールクラシック(WBC)へのピッチャーとしての大谷翔平選手の出場はなくなりました。それを全米が一斉に報道したことは驚きです。来年、メジャー移籍が確実な大谷選手にとっては今が大事な …

錦織選手、四大大会では初めてフェデラーと対戦!!

錦織選手対フェデラー選手の歴史に残る一戦!これまでの対戦成績はフェデラー選手が上だが、スポーツその時々で何がおこるかわからないから面白い!ぐんぐん成長していっている錦織圭の本物の力から目が離せない!! …

松山英樹がフェニックスオープン連覇!!日本人最多の4勝

今回、PGAツアーのフェニックスオープンで優勝した松山英樹の気迫を前面に出す姿を見て、プロテニスの錦織圭選手に足りないものはこれかもしれないと感じました。お互い刺激し合って、メジャーまたはグランドスラ …

本田真凜選手が世界ジュニア選手権で自己ベスト!!惜しくも2位

台湾で行われたフィギュアスケート世界ジュニア選手権で、本田真凜選手は会心の演技で自己ベストをマークしましたが、残念ながら2位に終わりました。 1位は14歳のザギトワ選手でした。過去に本田真凜選手の自己 …

2026年ワールドカップより、出場枠48に大幅拡大を決定!!

サッカーW杯の本大会出場枠が、2026年の次々回開催より、現行の32ヵ国から48ヵ国に大きく増加されることが決定しました。 日本が所属するアジア地区の出場枠も、現行の4.5から増加されることが見込まれ …

まだデータがありません。