超拡散*ゲノムトンネル

“なう”の熱い最新の話題をお届けします☆彡

スポーツ

錦織圭選手が今季シングルス初戦で逆転勝利を決め、準々決勝へ進出

投稿日:

 

プロテニスプレーヤーである錦織圭選手が、2017年における今季シングルス初戦を戦い、第一セットは落としたものの、逆転勝利にて見事準々決勝へ進出です。今回の大会は男子テニスのブリスベン国際で、1月4日に行われたシングルス2回戦を勝ち抜きました。

世界でトップ5に入るプロテニスプレーヤー錦織圭

錦織圭選手は日本人プロテニスプレーヤーとしてもトップクラス、世界ランキングも常に上位5位以内をキープしている世界クラスのテニスプレイヤーでもあります。

四大テニス大会の中でも決勝に残るなど活躍については日本全土で知られており、2017年の今年こそは、四大大会での初優勝を錦織選手自身も、そして国内外のファンも待望しています。

多くの大会に出場し、肉体面にも精神面にもタフさを発揮

2017年に入って、初めてのテニス大会に参加している錦織選手です。まだ、昨年の余韻が冷めやらぬうちに、すでに新年のスタートを切っている点が凄いです。体のメンテナンスをどうしているのか気になります。

シングルスの戦いだけでなく、ダブルスにも参戦しており、プロテニスプレーヤーの肉体面・精神面のタフさを感じます。国内でなく、世界での大会を参戦するので、本当に感心します。

シングルス初戦では、苦戦しながらも、きっちりと逆転勝利したところが実力者です。

四大大会での優勝を目指す錦織選手の課題は?

今シーズンは、本人もランキング上位2名である、アンディーマリー選手やノバク・ジョコビッチ選手を倒しての四大テニス大会での優勝を目標に考えているはずです。

その為には、精神面以上に、体力面をいかに上手く調整するかがカギになります。体が小さい錦織選手は、連戦が続くと、どうしても疲れからプレーの質が落ちてしまい、ベストパフォーマンスで準決勝や決勝を戦えない場面が多いので、今年はその辺の課題をどう克服して挑むのかが見所です。

(写真はイメージであり、本文とは関係ありません。)

-スポーツ
-, , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

阪神マウロ・ゴメス選手が契約打ち切りで、韓国リーグへ

阪神タイガースで2014年から2016年までの3年間、クリーンナップとして活躍していたマウロ・ゴメス選手が、来シーズンの2017年は、韓国リーグのサムスン・ライオンズと契約する模様です。2016年のシ …

福原愛ちゃん、ディズニーリゾートで挙式

幼少期からマスメディアに登場し国民的人気の高い福原愛さんが去年のリオデジャネイロオリンピック後の9月1日に台湾のイケメン卓球選手と入籍しました。 今年の元旦には台湾で、2月5日には東京ディズニーリゾー …

錦織圭、全豪初戦で格下相手に辛くも勝利

ミスショットが多く、立ち上がりの悪い状態から試合は始まりました。写真からもミスショットに苦しめられているのがよく伝わってきます。それでも2セット3セットは勝ち取り、続く4セット目で終わらせたい試合でし …

東福岡高校ラグビー部が139対0で大会最多得点を更新!!

全日本高校ラグビー大会において、福岡県代表の東福岡ラグビー部が浜松工(静岡県)と対戦し、大会新となる139対0で勝利しました。これは、第80回大会に佐賀工(佐賀県)が砺波(富山県)との試合で挙げた13 …

浅田真央が全日本選手権大会で12位、世界選手権出場ならず

浅田真央はジャンプの不調が重なり点数が出せず、全日本選手権大会で12位と残念な結果に終わり、3月に行われる世界選手権大会への出場を逃しました。 14歳でデビューした浅田真央選手、トリプルアクセルでファ …

まだデータがありません。