超拡散*ゲノムトンネル

“なう”の熱い最新の話題をお届けします☆彡

スポーツ

横浜マリノス・中村俊輔が、ジュビロ磐田への完全移籍を発表

投稿日:

出典:f-marinos.com

長い間横浜マリノスで活躍してきた元日本代表・中村俊輔が、ジュビロ磐田への完全移籍を発表しました。

マリノスは現在ベテランの年俸大幅削減と選手放出など、コストカットでチーム内が揺れており、安心してプレー出来る環境を選んだ、ということかと思われます。

獲得したジュビロ磐田は、彼のために背番号10を準備しました。中村俊輔に対する期待の高さが窺えます。

現・横浜マリノスを牽引してきたチームの顔

中村俊輔はプロサッカー選手で、元日本代表の選手です。高校卒業後入団した横浜マリノスで、3年目にしてエースナンバー10番を獲得しました。

ゲームメーカー、キッカーとして高い技術を持ち、特にフリーキックに於いては未だ世界から称賛を受けています。

日本代表としてオリンピック世代から活躍し、特に2006年から2010年は中心選手としてチームを牽引しました。代表を引退した2010年からJリーグに復帰しています。横浜マリノスで再び10番を背負って、2015年からはキャプテンにもなりチームの顔でもあった。

出典:qoly.jp

コストカット戦略によるチーム内の不安定な状況を避けて移籍か

中村俊輔と言えば横浜マリノスのイメージが強いです。

高校卒業時からの約4年と、海外から帰ってきてからの6年、通算10年余に渡りチームの中心であり続けてきただけに、少し前から噂されていた今回の移籍報道について、半信半疑でしたが、本日正式決定が発表されてついに現実の物となりました。

マリノスとしては集客のためにも強く残留を希望したと思われますが、数年前からの海外資本シティ・グループによるコストカット戦略によりチーム内は揺れており、ベテランの中澤選手らも大幅年俸ダウンを提示される等厳しい状況です。

中村選手も現役最後は落ち着いてプレーが出来る環境を望んだのかもしれません。

ジュビロ磐田は攻撃能力を底上げして、チームに弾みをつけたい

中村選手を獲得したジュビロ磐田は、2013年にJ2へ降格しました。元日本代表であり現役時代はジュビロで活躍した名波氏が監督に就任し、2016年にJ1復帰を果たしたものの、年間成績は13位と奮っていません。

再度降格を防ぎ、チームの攻撃能力の底上げの為に、中村選手には相当な期待が掛かるものと思われます。

超有名選手だけに集客面でも期待されますね。

ライター:blu 編集:moz

-スポーツ
-, , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大谷翔平がWBC投手を辞退、全米が一斉に報道

今回のワールドベースボールクラシック(WBC)へのピッチャーとしての大谷翔平選手の出場はなくなりました。それを全米が一斉に報道したことは驚きです。来年、メジャー移籍が確実な大谷選手にとっては今が大事な …

日本人メジャーリーガーの上原浩治投手が世界一の球団と7億円で契約

上原浩治という不世出の「中継ぎ投手」がどうして、日本国民に大絶賛され国民的ヒーローという感じにならないのかを考察していくと、とても興味深いことです。日本には、先発投手を一番とするような、悪しき習慣とい …

本田真凜選手が世界ジュニア選手権で自己ベスト!!惜しくも2位

台湾で行われたフィギュアスケート世界ジュニア選手権で、本田真凜選手は会心の演技で自己ベストをマークしましたが、残念ながら2位に終わりました。 1位は14歳のザギトワ選手でした。過去に本田真凜選手の自己 …

大物スラッガーのマニー・ラミレス選手、プロ野球独立リーグ・高知と契約合意!!

メジャーリーグで活躍した、野球界の超大物マニー・ラミレス選手(44歳)が、プロ野球独立リーグの高知のチームと契約合意に達しました。 この話はラミレス選手からの逆オファーを受けたのがきっかけだったようで …

西岡良仁が快進撃!!世界ランキング3位のワウリンカにあと一歩及ばず惜敗

21歳世界ランキング70位の西岡良仁が、BNPパリバ・オープンで世界ランキング上位者を次々に下し、世界ランキング3位をあと一歩のところまで追い詰めました。 ラッキールーザー枠での出場からの快進撃で、同 …

まだデータがありません。