超拡散*ゲノムトンネル

“なう”の熱い最新の話題をお届けします☆彡

スポーツ

青学大、マラソン・五輪メダルへの挑戦!!

投稿日:

出典:number.bunshun.jp

現在箱根駅伝で3連覇中の青学大陸上部。実業団の長所を取り入れたり、新しい試みを始めようとする原晋監督の考えは素晴らしいと思います。さらに川内優輝選手などのトレーニング方法なども取り入れて「マラソン日本」を青学大陸上部を中心に復活させてほしい。

箱根駅伝で3連覇中の青学大陸上部

青学大陸上部は、現在、原晋監督が率いる陸上競技チームです。長距離ブロックと短距離ブロックに分かれており、長距離ブロックは2015年、箱根駅伝出場20回目にして初の総合優勝を果たし、2016年、2017年も連続で優勝しています。

OBには「3代目山の神」と呼ばれた神野大地、2016年の箱根駅伝の金栗四三杯に輝いた久保田和真らがいます。

実業団チームと協力体制、練習方法に工夫

原晋監督が「東京五輪はすぐにやってくる、劇的な変化が必要で、大学のチームと実業団チームのお互いの長所を取り入れたり、指導者や選手が刺激し合うことが必要」と言っていることにはすごく納得しました。

すでにGMOアスリーツの花田勝彦監督との協力体制が進んでおり、「マラソンで勝つ」という意気込みをすごく感じます。

また練習方法として「42.195キロ走」を取り入れていることは素晴らしいと思います。その中でラストの2.195キロのペースアップは一番大事なことで、日本人がケニア、エチオピア勢に対抗するには最高の方法だと思います。

出典:focus104.blog.so-net.ne.jp

オリンピックで勝てる選手の育成

青学大の現エース一色恭志、10代フルマラソン日本記録保持者の下田裕太はこれからどんどんフルマラソンでの自己記録を伸ばしていくことは間違いありません。

原晋監督の言う通り実業団チームとの刺激も大事だと思います。そして、さらに川内優輝選手が独自で取り組んでいる山登り、100キロ走なども取り入れて頂きたいと思います。

オリンピックで勝つということは、人と同じことをしていては勝てないと思います。是非「マラソン日本」を青学大陸上部を中心に復活させてほしいと思います。

ライター:kg 編集:moz

-スポーツ
-, , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

浅田真央、涙をこらえる場面も「晴れやかな気持ち」笑顔で引退を報告

浅田真央はすべてをやりつくしたという思いで、引退することを決めて、感謝の気持ちを笑顔で伝えるために会見に臨みました。 いろんな質問を終えて、最後の挨拶の場面で涙しそうになったときにも後ろを振り返り、手 …

阪神マウロ・ゴメス選手が契約打ち切りで、韓国リーグへ

阪神タイガースで2014年から2016年までの3年間、クリーンナップとして活躍していたマウロ・ゴメス選手が、来シーズンの2017年は、韓国リーグのサムスン・ライオンズと契約する模様です。2016年のシ …

大谷翔平がWBC投手を辞退、全米が一斉に報道

今回のワールドベースボールクラシック(WBC)へのピッチャーとしての大谷翔平選手の出場はなくなりました。それを全米が一斉に報道したことは驚きです。来年、メジャー移籍が確実な大谷選手にとっては今が大事な …

2026年ワールドカップより、出場枠48に大幅拡大を決定!!

サッカーW杯の本大会出場枠が、2026年の次々回開催より、現行の32ヵ国から48ヵ国に大きく増加されることが決定しました。 日本が所属するアジア地区の出場枠も、現行の4.5から増加されることが見込まれ …

本田真凜選手が世界ジュニア選手権で自己ベスト!!惜しくも2位

台湾で行われたフィギュアスケート世界ジュニア選手権で、本田真凜選手は会心の演技で自己ベストをマークしましたが、残念ながら2位に終わりました。 1位は14歳のザギトワ選手でした。過去に本田真凜選手の自己 …

まだデータがありません。