超拡散*ゲノムトンネル

“なう”の熱い最新の話題をお届けします☆彡

スポーツ

大谷翔平がWBC投手を辞退、全米が一斉に報道

投稿日:2017-02-04 更新日:

出典:nakaoka.hatenablog.jp

今回のワールドベースボールクラシック(WBC)へのピッチャーとしての大谷翔平選手の出場はなくなりました。それを全米が一斉に報道したことは驚きです。来年、メジャー移籍が確実な大谷選手にとっては今が大事な時です。今はけがを治して頂きたいと思います。

日本プロ野球最速のピッチャー

大谷翔平投手は岩手県奥州市出身、現在22歳、日本ハムファイターズ所属のプロ野球選手です。花巻東高校野球部では1年生で4番ライトで公式戦デビューし、その年の秋にはピッチャーに転向しています。甲子園には2年生時の春、3年生時の春の大会に出場しいずれも1回戦で敗退しています。

2016年は投手として10勝、打者として22本塁打の成績をあげています。ちなみにその年のパ・リーグのクライマックスシリーズ最終戦では9回にリリーフ登板し、165キロの日本プロ野球最速記録を打ち立てています。

出典:everyday-e-news.com

怪我のため、WBCへの出場を辞退

大谷翔平選手が右足首の怪我のために、ワールドベースボールクラシック(WBC)では投手として出場しないとの報道には少しがっかりしました。しかし、大谷選手はもうすでに日本プロ野球界の大事なスーパースターであり、将来のことを考えると仕方がないことだと思います。

日本ハム球団首脳の考えも影響したのだとも思います。しかし何より驚いたことは全米でこのニュースが一斉に報じられたという事実です。

出典:headlines.yahoo.co.jp

大リーグでの活躍も期待され、注目度も抜群

来年にはメジャーリーグ移籍が確実な大谷翔平選手の注目度は、私が思っている以上のことだと改めて認識しました。

日本で活躍し、十分に実績がある選手がメジャーで苦しんでいる姿を今までにずいぶんと目にしてきました。しかし大谷翔平選手であればピッチャーにしても打者にしても必ず成功し、活躍してくれると信じています。

ひょっとすれば大リーグでも日本と同様の起用法がされるかもしれません。そのことを考えるだけでもワクワクしてしまいます。

今シーズンは大谷翔平選手にとって、一番大事なシーズンとなります。今は無理をせず、早くけがを治して頂きたいと思います。

ライター:kg 編集:moz

-スポーツ
-, , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

錦織圭選手が今季シングルス初戦で逆転勝利を決め、準々決勝へ進出

プロテニスプレーヤーである錦織圭選手が、2017年における今季シングルス初戦を戦い、第一セットは落としたものの、逆転勝利にて見事準々決勝へ進出です。今回の大会は男子テニスのブリスベン国際で、1月4日に …

フィギュア・宇野昌磨が自己最高得点で絶好調、世界歴代4位相当!!

フィギュアスケート宇野昌磨選手が、プランタン杯にて、ショート・フリーともに1位となり、国際スケート連盟非公認ながらも世界歴代4位相当に値する、自己最高得点の合計303.68にて優勝、今月末の世界選手権 …

横浜マリノス・中村俊輔が、ジュビロ磐田への完全移籍を発表

長い間横浜マリノスで活躍してきた元日本代表・中村俊輔が、ジュビロ磐田への完全移籍を発表しました。 マリノスは現在ベテランの年俸大幅削減と選手放出など、コストカットでチーム内が揺れており、安心してプレー …

2018年W杯アジア最終予選の行方は!?

スポーツにおける誤審とは スポーツに於いて審判のジャッジ1つが試合結果に直結するシーンと言うものは、過去に多々あったのは間違いありません。審判も人間であり、見えなかったり判断を誤ることは十分にあること …

2026年ワールドカップより、出場枠48に大幅拡大を決定!!

サッカーW杯の本大会出場枠が、2026年の次々回開催より、現行の32ヵ国から48ヵ国に大きく増加されることが決定しました。 日本が所属するアジア地区の出場枠も、現行の4.5から増加されることが見込まれ …

まだデータがありません。