超拡散*ゲノムトンネル

“なう”の熱い最新の話題をお届けします☆彡

スポーツ

オランダ戦に苦戦の末、勝利した侍ジャパン!!次に控える試合は・・

投稿日:

出典:sponichi.co.jp

侍ジャパンがオランダ戦に苦しみながら勝利しました。侍ジャパンは、バレンティン、ボガーツ、グレゴリウスを擁するオランダに苦戦の末、2次R初勝利。絶好調の中田翔が5打点の挙げ、ラッキーボーイの小林が、勝ち越しのタイムリーを放ち、坂本も活躍する反面、青木宣親や山田哲人がチャンスで併殺打に倒れ、投手でも、石川が5失点リリーフの則本も同点に追い付かれる等、キューバ戦 イスラエル戦を控え、不安も見せた。

第4回WBCで、3度目の世界一を目指す侍ジャパン

今回の第4回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で、3回目の世界一を目指す野球日本代表・通称侍ジャパン。監督は、福岡ソフトバンクホークスで活躍した小久保裕紀。

今回のメンバーは前回同様、日本のプロ野球に所属する選手で編成されていますが、野手では現役メジャーリーガーの青木宣親選手がメンバーに選ばれました。

毎度手に汗を握る試合運びで、オランダ戦も大興奮!!

毎回、WBCは最後の1アウトまで見逃せない、手に汗握る試合が多いのですが、昨日の日本-オランダ戦もその通りの展開になりました。4年前の大会では、オランダには2戦2勝していたので、苦戦はしても最後は勝つと思ってました。

今回のオランダは、お馴染みのバレンティン(ヤクルト)に加え、ボガーツ(レッドソックス)やグレゴリウス(ヤンキース)等も居て、強力なチームになっていたので、試合も緊張感がありました。

その他にも、私は巨人ファンなので、坂本や小林が活躍しているのが、見ていて楽しかったです。

出典:topics.smt.docomo.ne.jp

選手の調子も少し心配・・今後の試合に注目!!

火曜日にはキューバ戦、水曜日には今大会、旋風を巻き起こしているイスラエル戦を控えており、まだまだ、気の抜けない戦いが続きます。

今回の侍ジャパンは、好調な選手となかなか調子が上がらない選手がハッキリ分かれているのが、不安な部分です。

好調な、中田翔、筒香、坂本、小林に比べて、山田哲人や青木宣親。投手では石川や則本が不安です。

ライター:hlly 編集:moz

-スポーツ
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ダルビッシュ有、キャンプを離れ妻の出産の立ち会いへ

大リーグ・レンジャーズのダルビッシュ有投手が、出産に立ち会うためにキャンプ地を3、4日離れることになりました。妻で元レスリング世界王者で6歳年上の山本聖子さんは現在第2子を妊娠中で3月に出産予定です。 …

フィギュア・宇野昌磨が自己最高得点で絶好調、世界歴代4位相当!!

フィギュアスケート宇野昌磨選手が、プランタン杯にて、ショート・フリーともに1位となり、国際スケート連盟非公認ながらも世界歴代4位相当に値する、自己最高得点の合計303.68にて優勝、今月末の世界選手権 …

青学大、マラソン・五輪メダルへの挑戦!!

現在箱根駅伝で3連覇中の青学大陸上部。実業団の長所を取り入れたり、新しい試みを始めようとする原晋監督の考えは素晴らしいと思います。さらに川内優輝選手などのトレーニング方法なども取り入れて「マラソン日本 …

稀勢の里、ようやく掴んだ横綱昇進

スピード出世から一転スローペースで、やっと横綱の地位を勝ち取った稀勢の里関。その昇進の経緯と小錦関との比較、負け越せば即引退というその地位のプレッシャーに負けずに頑張ってくれるのか、または引退が早まる …

2018年W杯アジア最終予選の行方は!?

スポーツにおける誤審とは スポーツに於いて審判のジャッジ1つが試合結果に直結するシーンと言うものは、過去に多々あったのは間違いありません。審判も人間であり、見えなかったり判断を誤ることは十分にあること …

まだデータがありません。