超拡散*ゲノムトンネル

“なう”の熱い最新の話題をお届けします☆彡

スポーツ

西岡良仁が快進撃!!世界ランキング3位のワウリンカにあと一歩及ばず惜敗

投稿日:

出典:dot.asahi.com

21歳世界ランキング70位の西岡良仁が、BNPパリバ・オープンで世界ランキング上位者を次々に下し、世界ランキング3位をあと一歩のところまで追い詰めました。

ラッキールーザー枠での出場からの快進撃で、同じ育成制度で育った錦織に続く世界トップクラス選手への第一歩を踏み出しました。

世界ランク70位、21歳のホープ

三重県津市出身で現在21歳のプロテニス選手です。左利きでストロークに強みがあります。

2014年韓国の仁川で行われたアジア大会テニス男子シングルスで、1974年テヘラン大会の坂井利郎以来日本人としては40年ぶりに優勝しました。

現在の世界ランキングは70位ですが、今週のマスターズ1000「BNPパリバ・オープン」での活躍でランキングが上がることが予想されます。

ラッキールーザー枠から世界ランキング上位者を次々と下し、世界ランキング3位を相手に惜敗

西岡は今大会予選から出場し、一度予選で敗れてしまいましたが、「ラッキールーザー」に選ばれて本選に出場しました。そんな状況から上位ランカー二人を降す快進撃が始まったことが驚きでした。

予選から数えて6試合目となった4回戦の対バブリンカ戦、体力的には最初からかなりきつかったと思いますが、そんな状況で世界ランキング3位から第1セットを奪った気力は素晴らしかったです。

しかし、タイブレイクまでもつれた最後はさすがに「前に出る力がなかった」と。そこまで力を振り絞って戦った西岡に感動しました。

錦織と同じ支援を受けて、テニス留学

西岡は錦織と同じように盛田正明テニス・ファンドの支援を受けて、IMGアカデミーのニック・ボロテリー・テニス・プログラムに留学しました。同じ育成制度から二人の優秀な選手を輩出していることに感銘を受けました。

出典:news.tennis365.net

世界トップ選手にも通用する実力で、世界ランキング上昇へ!!

来週発表される世界ランキングでは、西岡は60位前後に上がることが予想されます。

今大会の戦い方を見ると、西岡のストロークが世界トップ選手にも通用することが実証されました。また今大会の結果に相当自信を深めたのではないかと思います。

今後もコンスタントに好成績を残せば、更にランキングは上がり、四大大会でもより優位な組み合わせで臨むことができるようになります。西岡良仁に対する期待は一気に膨らみました。

ライター:tso 編集:moz

-スポーツ
-, , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

羽生結弦、フリー歴代最高得点で逆転優勝

フィギュアスケート・羽生結弦選手が世界選手権にてフリー歴代最高得点を更新し、3年ぶりに世界王者を奪還、完璧な滑りに世界中から大絶賛と同時に、来年のオリンピック連覇に向けて世界中の期待を背負うことになり …

2026年ワールドカップより、出場枠48に大幅拡大を決定!!

サッカーW杯の本大会出場枠が、2026年の次々回開催より、現行の32ヵ国から48ヵ国に大きく増加されることが決定しました。 日本が所属するアジア地区の出場枠も、現行の4.5から増加されることが見込まれ …

阪神マウロ・ゴメス選手が契約打ち切りで、韓国リーグへ

阪神タイガースで2014年から2016年までの3年間、クリーンナップとして活躍していたマウロ・ゴメス選手が、来シーズンの2017年は、韓国リーグのサムスン・ライオンズと契約する模様です。2016年のシ …

フェデラー怪我から復帰、全豪オープン決勝進出!!

2017年の全豪オープンで怪我から復帰して決勝まで進出したロジャー・フェデラーの活躍は素晴らしい。錦織圭選手にはぜひこのロジャー・フェデラーを越えて、同年代の選手と共に新しいプロテニス界を引っ張ってい …

東福岡高校ラグビー部が139対0で大会最多得点を更新!!

全日本高校ラグビー大会において、福岡県代表の東福岡ラグビー部が浜松工(静岡県)と対戦し、大会新となる139対0で勝利しました。これは、第80回大会に佐賀工(佐賀県)が砺波(富山県)との試合で挙げた13 …

まだデータがありません。