超拡散*ゲノムトンネル

“なう”の熱い最新の話題をお届けします☆彡

スポーツ

西岡良仁が快進撃!!世界ランキング3位のワウリンカにあと一歩及ばず惜敗

投稿日:

出典:dot.asahi.com

21歳世界ランキング70位の西岡良仁が、BNPパリバ・オープンで世界ランキング上位者を次々に下し、世界ランキング3位をあと一歩のところまで追い詰めました。

ラッキールーザー枠での出場からの快進撃で、同じ育成制度で育った錦織に続く世界トップクラス選手への第一歩を踏み出しました。

世界ランク70位、21歳のホープ

三重県津市出身で現在21歳のプロテニス選手です。左利きでストロークに強みがあります。

2014年韓国の仁川で行われたアジア大会テニス男子シングルスで、1974年テヘラン大会の坂井利郎以来日本人としては40年ぶりに優勝しました。

現在の世界ランキングは70位ですが、今週のマスターズ1000「BNPパリバ・オープン」での活躍でランキングが上がることが予想されます。

ラッキールーザー枠から世界ランキング上位者を次々と下し、世界ランキング3位を相手に惜敗

西岡は今大会予選から出場し、一度予選で敗れてしまいましたが、「ラッキールーザー」に選ばれて本選に出場しました。そんな状況から上位ランカー二人を降す快進撃が始まったことが驚きでした。

予選から数えて6試合目となった4回戦の対バブリンカ戦、体力的には最初からかなりきつかったと思いますが、そんな状況で世界ランキング3位から第1セットを奪った気力は素晴らしかったです。

しかし、タイブレイクまでもつれた最後はさすがに「前に出る力がなかった」と。そこまで力を振り絞って戦った西岡に感動しました。

錦織と同じ支援を受けて、テニス留学

西岡は錦織と同じように盛田正明テニス・ファンドの支援を受けて、IMGアカデミーのニック・ボロテリー・テニス・プログラムに留学しました。同じ育成制度から二人の優秀な選手を輩出していることに感銘を受けました。

出典:news.tennis365.net

世界トップ選手にも通用する実力で、世界ランキング上昇へ!!

来週発表される世界ランキングでは、西岡は60位前後に上がることが予想されます。

今大会の戦い方を見ると、西岡のストロークが世界トップ選手にも通用することが実証されました。また今大会の結果に相当自信を深めたのではないかと思います。

今後もコンスタントに好成績を残せば、更にランキングは上がり、四大大会でもより優位な組み合わせで臨むことができるようになります。西岡良仁に対する期待は一気に膨らみました。

ライター:tso 編集:moz

-スポーツ
-, , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「闘将」星野仙一氏、殿堂入り

中日ドラゴンズのエースピッチャーとして活躍した星野仙一さんが、監督時代の実績が評価され今月16日に、今年の殿堂入りのメンバーに選ばれました。彼の野球界においての影響力を考えると、少し遅い殿堂入りの発表 …

大物スラッガーのマニー・ラミレス選手、プロ野球独立リーグ・高知と契約合意!!

メジャーリーグで活躍した、野球界の超大物マニー・ラミレス選手(44歳)が、プロ野球独立リーグの高知のチームと契約合意に達しました。 この話はラミレス選手からの逆オファーを受けたのがきっかけだったようで …

木滑良選手が別府大分マラソンで3位入賞し、自己ベストも更新

2017年2月に行われた別府大分マラソンで木滑良選手は自己ベストタイムで3位に入りました。木滑良選手はチーム内の競争によりさらに伸びていくことが予想されます。ぜひ2020年尾東京オリンピックを目指して …

浅田真央が全日本選手権大会で12位、世界選手権出場ならず

浅田真央はジャンプの不調が重なり点数が出せず、全日本選手権大会で12位と残念な結果に終わり、3月に行われる世界選手権大会への出場を逃しました。 14歳でデビューした浅田真央選手、トリプルアクセルでファ …

稀勢の里、ようやく掴んだ横綱昇進

スピード出世から一転スローペースで、やっと横綱の地位を勝ち取った稀勢の里関。その昇進の経緯と小錦関との比較、負け越せば即引退というその地位のプレッシャーに負けずに頑張ってくれるのか、または引退が早まる …

まだデータがありません。