超拡散*ゲノムトンネル

“なう”の熱い最新の話題をお届けします☆彡

生活

JASRACが音楽教室から著作権使用料を徴収する意向

投稿日:

これまでカラオケでの著作権使用料等を徴収してきたJASRACが、音楽教室からも著作権使用料を徴収する方針を打ち出したそうです。その法的根拠をはどこにあるのかよく考えてもらいたいです。

音楽教室の生徒は本当に不特定多数に当てはまるのでしょうか?一般的な感覚ではとてもそのようには思えません。

社交ダンス教室での著作権使用料ではJASRACが勝訴しているようですが、音楽教室では一体どうなるのでしょうか・・。今後の動きが気になります。

音楽の著作権を管理する一般社団法人

これまで、カラオケや社交ダンス教室での著作権使用料を徴収しきた団体、JASRAC(一般社団法人日本音楽著作権協会)は音楽の著作権を管理する団体です。

著作権使用料を徴収することにより、作曲家や作詞家の知的財産を守ってきました。しかし、音楽教室からも著作権使用料を徴収する方針を固め、日本全国の音楽教室に波紋を広げています。

音楽教室で著作権料を徴収する根拠はどこに?

私も小さい頃音楽教室に通っていました。夢を持って練習していたので、とっても気になります。

音楽を習うのは非常にお金がかかります。ズッと習い続けられるのは本当に、余裕のある人達だけなので、もっと寄附や、援助があっても良いのではないかと思っていたところに、著作権使用料の徴収で驚きました。

音楽普及の為に免除してもらいたいです。

何のために徴収するの!?音楽普及の妨げになるのでは・・?

音楽教室で練習のために使うだけで著作権が発生するのはおかしいと思います。

また、真剣に音楽に向き合ってレッスンを重ねている人達を、応援したり援助するのは理解できますが、お金を請求するのは音楽普及の面から考えるとやはりおかしいと思います。

最高裁まで戦って欲しいと思います。音楽を志す人達を守って欲しいです。

(写真はイメージです。)

ライター:wsg 編集:moz

-生活
-, , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

花粉症に新たな治療法が登場、増える選択肢に期待

花粉症の人に朗報です。今年こそあなたにピッタリ合う花粉症の治療薬が見つかるかもしれません!時間をかけてアレルギー体質を変えていく研究も進み、花粉が飛び始めた時に治療する薬の新薬も増え、選択肢が増えてい …

社会における学歴分断はどうすれば解消できるのか?

親の収入と学歴による格差は比例するというデータがあります。大卒家庭と非大卒家庭の間には文化の違いもあり、大卒家庭は大学のメリットを知っています。大卒は大卒同士、非大卒は非大卒同士で違う文化で生きている …

総額10億円!年末ジャンボ宝くじ抽選結果が発表に

2016年12月31日に、東京・赤坂ACTシアターにて、年末ジャンボ宝くじ(第704回全国自治宝くじ)と年末ジャンボミニ1億円(第705回全国自治宝くじ)の抽せん会が行われました。一等賞金が7億円。前 …

「ミッフィー」絵本作者、老衰のため89歳で亡くなる

ミッフィーの作者として知られるオランダのグラフィックデザイナーで絵本作家のディック・ブルーナさんが老衰のために亡くなりました。89歳でした。生涯に出版した124冊の絵本は世界中の子供たちを愛されていま …

ファミレスが24時間営業を止めるそのワケは○○!?

ファミリーレストランの24時間営業が終わりつつあります。SNSの普及が若者の行動パターンを変えたことが、大きな原因と言われています。「人と人が集う」という人間にとって基本的なこと、そして社会の基本が大 …

まだデータがありません。