超拡散*ゲノムトンネル

“なう”の熱い最新の話題をお届けします☆彡

スポーツ

錦織圭選手が今季シングルス初戦で逆転勝利を決め、準々決勝へ進出

投稿日:

 

プロテニスプレーヤーである錦織圭選手が、2017年における今季シングルス初戦を戦い、第一セットは落としたものの、逆転勝利にて見事準々決勝へ進出です。今回の大会は男子テニスのブリスベン国際で、1月4日に行われたシングルス2回戦を勝ち抜きました。

世界でトップ5に入るプロテニスプレーヤー錦織圭

錦織圭選手は日本人プロテニスプレーヤーとしてもトップクラス、世界ランキングも常に上位5位以内をキープしている世界クラスのテニスプレイヤーでもあります。

四大テニス大会の中でも決勝に残るなど活躍については日本全土で知られており、2017年の今年こそは、四大大会での初優勝を錦織選手自身も、そして国内外のファンも待望しています。

多くの大会に出場し、肉体面にも精神面にもタフさを発揮

2017年に入って、初めてのテニス大会に参加している錦織選手です。まだ、昨年の余韻が冷めやらぬうちに、すでに新年のスタートを切っている点が凄いです。体のメンテナンスをどうしているのか気になります。

シングルスの戦いだけでなく、ダブルスにも参戦しており、プロテニスプレーヤーの肉体面・精神面のタフさを感じます。国内でなく、世界での大会を参戦するので、本当に感心します。

シングルス初戦では、苦戦しながらも、きっちりと逆転勝利したところが実力者です。

四大大会での優勝を目指す錦織選手の課題は?

今シーズンは、本人もランキング上位2名である、アンディーマリー選手やノバク・ジョコビッチ選手を倒しての四大テニス大会での優勝を目標に考えているはずです。

その為には、精神面以上に、体力面をいかに上手く調整するかがカギになります。体が小さい錦織選手は、連戦が続くと、どうしても疲れからプレーの質が落ちてしまい、ベストパフォーマンスで準決勝や決勝を戦えない場面が多いので、今年はその辺の課題をどう克服して挑むのかが見所です。

(写真はイメージであり、本文とは関係ありません。)

-スポーツ
-, , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「闘将」星野仙一氏、殿堂入り

中日ドラゴンズのエースピッチャーとして活躍した星野仙一さんが、監督時代の実績が評価され今月16日に、今年の殿堂入りのメンバーに選ばれました。彼の野球界においての影響力を考えると、少し遅い殿堂入りの発表 …

錦織圭、フェデラーに敗れベスト8ならず

錦織圭選手は今回の全豪オープンで、惜しくもフェデラー選手に負けてしまいました。 もう少し相手を疲れさせていれば勝利したかもしれません。トップ選手が相次いで負けていただけにもったいなかったです。 さらに …

赤松真人外野手が初期胃癌であることを発表

プロ野球の広島東洋カープに所属する赤松真人外野手(34)が球団事務所で緊急記者会見を行い、初期レベルの胃癌であることを発表されました。12月の健康診断で発覚したもので、新年1月に手術を受ける予定です。 …

羽生結弦、フリー歴代最高得点で逆転優勝

フィギュアスケート・羽生結弦選手が世界選手権にてフリー歴代最高得点を更新し、3年ぶりに世界王者を奪還、完璧な滑りに世界中から大絶賛と同時に、来年のオリンピック連覇に向けて世界中の期待を背負うことになり …

世界記録抹消!?陸上競技の2005年以前の歴史が完全に消される可能性・・

ドーピングはやってはいけない、それが分かっていてもやってしまう人間の気持ちの弱さがあります。それは世界で名声を得たい、賞金を得たい、誰よりも強くなりたいという願望がもたらしています。 IAAFや世界中 …

まだデータがありません。