超拡散*ゲノムトンネル

“なう”の熱い最新の話題をお届けします☆彡

スポーツ

新横綱・稀勢の里が、明治神宮で奉納土俵入りを披露

投稿日:

出典:headlines.yahoo.co.jp

初場所で初優勝した稀勢の里が明治神宮で奉納土俵入りを披露しました。15歳の初土俵から15年をかけて横綱へ昇進は晩成型だった先代の親方、横綱・隆の里を彷彿させます。

19年ぶりの日本出身横綱とあって日本中が注目し、舞い上がっています。稀勢の里がじっくりと腰をそえて相撲に専念してあげる環境を整えてあげることが大事でしょう。

今年初場所で初優勝、横綱昇進を果たす

稀勢の里は中学の時に野球をやっていたそうです。鳴戸親方が熱心に説得して中学卒業後に角界へ入門、十両昇進は貴乃花に次ぐ年少2番目の記録(17歳9カ月)を持っています。

3場所で幕内に昇進し、将来を有望視されていました。しかし、大関昇進までは42場所も要し、それから7度の綱取りを経て、今年の初場所で初優勝と横綱昇進を果たしました。

明治神宮で奉納土俵入り

1月26日に土俵入りで使用する綱を作る「綱打ち」と土俵入りの稽古があったというニュースを見ました。元横綱・大乃国の芝田山親方から直接指導されていました。そして翌27日には明治神宮で奉納土俵入りをしたとのこと。

土俵入りって横綱の大事な仕事ですし、見せ場ですよね。そんな土俵入りがたった1日の練習で本番を迎えるなんて、いきなり稀勢の里はプレッシャーかかるなあと思いました。

横綱の土俵入りを見ると相撲は神事なんだなと強く感じます。特に神社で行われる奉納土俵入りは素晴らしいですよね。土俵入りって生で見たらその迫力に感動してしまうのではないかと思います。

「雲竜型」土俵入り

土俵入りの型はふたつあって、稀勢の里は「雲竜型」を選びました。現横綱は白鵬が「不知火型」、鶴竜、日馬富士が「雲竜型」です。どちらも実在の横綱の名前から付けられたそうです。「不知火型」の横綱は短命に終わると言われますが、白鵬はジンクスを破っていますね。

19年ぶりの日本出身横綱にメディアも過熱

19年ぶりの日本出身横綱とあって、相撲を普段見ない人にも興味深い話題です。稀勢の里には気の毒ですが、来場所までメディアに追い掛け回されるでしょう。思うような練習ができないかもしれません。

昇進はちょっと甘かったのでは?と苦言を呈する人もいますから、自分の実力でそんな言葉を跳ね返してほしいと思います。そのためには、メディアも取材を遠慮したほうがいいのでは?と思います。

まわりが舞い上がっているようでは、本人にどんどんプレッシャーをかけるだけです。このニュースがあまりヒートアップしないことを願います。

ライター:nam 編集:moz

-スポーツ
-, , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2026年ワールドカップより、出場枠48に大幅拡大を決定!!

サッカーW杯の本大会出場枠が、2026年の次々回開催より、現行の32ヵ国から48ヵ国に大きく増加されることが決定しました。 日本が所属するアジア地区の出場枠も、現行の4.5から増加されることが見込まれ …

日本人メジャーリーガーの上原浩治投手が世界一の球団と7億円で契約

上原浩治という不世出の「中継ぎ投手」がどうして、日本国民に大絶賛され国民的ヒーローという感じにならないのかを考察していくと、とても興味深いことです。日本には、先発投手を一番とするような、悪しき習慣とい …

イチロー、守備練習中に右脚負傷は「大丈夫じゃない」!?

イチローは今年4番手外野手としての起用が濃厚です。今回練習中に怪我をしたようで、非常に心配です。大リーグに入って一度も故障がなく、怪我予防に関しての意識が高いイチローのことですから今回も乗り越えてくれ …

フェデラー怪我から復帰、全豪オープン決勝進出!!

2017年の全豪オープンで怪我から復帰して決勝まで進出したロジャー・フェデラーの活躍は素晴らしい。錦織圭選手にはぜひこのロジャー・フェデラーを越えて、同年代の選手と共に新しいプロテニス界を引っ張ってい …

箱根駅伝の走者が警察の連携ミスであわや自動車に轢かれる寸前

昨日の箱根駅伝にて交通規制間に合わず、選手と車両が衝突しそうになりました。選手側が避けるために減速したことで大事は免れたが、警察の失態が原因であるため、今後はこの度の反省を生かして大会運営に尽力し、市 …

まだデータがありません。