超拡散*ゲノムトンネル

“なう”の熱い最新の話題をお届けします☆彡

エンタメ

大河ドラマ『おんな城主 直虎』好調スタート!?『真田丸』人気に続けるか・・

投稿日:

出典:ramblin-jack.net

NHKの大河ドラマ『おんな城主 直虎』が1月8日にスタートしました。第1話の平均視聴率が16.9%と歴代2の低調ぶりにもかかわらず、NHKは「ほぼ『真田丸』と同じところで良い出足」と高評価を下しています。しかし、第2話以降も視聴率の伸びは見られず、今後の巻き返しに期待したいところです。

安土桃山の女当主の波瀾万丈ぶりを描いた大河ドラマ

平成29年大河ドラマ『おんな城主 直虎』は、戦国時代から安土桃山時代にかけて、遠江井伊谷(現在の静岡県浜松市)に実存した女当主の波瀾万丈の人生を描いています。

主人公の井伊直虎役は、女優の柴咲コウさんが務めています。

出典:asiangrup.com

なお、井伊直虎という人物は、資料が非常に少なく現存する史料自体にも信憑性が乏しいことから、その実像には諸説あるのが実際のところです。それゆえ、このドラマはフィクション的要素が濃い内容いえるでしょう。

フィクション要素が濃い「直虎」

今回のニュースでは、「第1話の平均視聴率が歴代ワースト2位」だったにもかかわらず、NHKはあえて「ほぼ『真田丸』と同じところで良い出足」と高評価を下しています。

また、このドラマが開始される直前に、「直虎は男だったと記された古文書が新たに発見された」というニュースがネット上で一時期話題になりました。真相は定かではありませんが、NHKは名誉挽回に必死なのではないでしょうか。

いくらフィクションとはいえ、この物語の主題になっている部分が揺らいだことは非常にマイナスになったようです。また、昨年放送の『真田丸』の人気にあやかろうとしているように見えてしかたありません。

「真田丸」人気に続けるか・・今後の展開に期待!!

個人的な意見になりますが、第1話を見た限りでは、あまり引き込まれるものを感じませんでした。昨年放送の『真田丸』は豪華出演陣の迫力ある演技と面白おかしい内容があいまって見応え充分でした。

比べてしまうとどうしても見劣りを感じてしまいます。主人公を演じる柴咲コウさんもここ最近は話題が少ないだけに、今後に不安が残ります。

しかし、物語は人気の戦国物です。そして、まだ始まったばかりなので今後の展開次第では巻き返しも期待できます。やはり、大河が盛り上がらないとつまらないですからね。

ライター:st1 編集:moz

-エンタメ
-, , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ぐるナイ・ゴチ新メンバーに渡辺直美が登場!!

ぐるナイの名物コーナー「ゴチになります」に新たなメンバーが2人も加入しました。その内の1人が人気芸人の渡辺直美さんです。あまりにも焦らされた発表だったので、シルエットに渡辺さんの体型が写し出された時は …

真田丸最終回再放送を見て再び感動、泣いた・・

NHK大河ドラマ真田丸最終回が再放送 今月18日に完結したNHK大河ドラマ真田丸最終回(第50話)が24日に再放送されました。話題の中心になったのは主人公、堺雅人演じる真田幸村です。 すでに6日前に放 …

キムタク主演ドラマ「A LIFE」初回14.2%で低調なスタート!?

1年前の公開謝罪、キムタクの裏切り、寝返りは相当世間の人々に嫌悪感を抱かせたようです。少しはおとなしくしているかと思ったら番宣のエアホッケーを始めとするキムタクのムゴい態度、空気の読めなさで「あの4人 …

天王寺動物園「奇跡のニワトリ」マサヒロくん、映画「キセキ」応援隊“鳥”に任命

天王寺動物園で、肉食動物用の生き餌として70匹のうちの一羽だったヒヨコだった「マサヒロ」くんの最初の奇跡は、人工孵化で生まれたマガモと一緒にエサを食べる先生役として、難を逃れ生き伸びたこと。 以来、オ …

「君の名は。」韓国で300万人動員、日本映画歴代1位に

韓国における日本映画の興行成績一位『ハウルの動く城』を『君の名は。』が一か月足らずで抜きました。今後も上映される範囲が広がっていくことが予定されています。同作が今まで以上の反響と感動を呼ぶであろうこと …

まだデータがありません。