超拡散*ゲノムトンネル

“なう”の熱い最新の話題をお届けします☆彡

スポーツ

横浜マリノス・中村俊輔が、ジュビロ磐田への完全移籍を発表

投稿日:

出典:f-marinos.com

長い間横浜マリノスで活躍してきた元日本代表・中村俊輔が、ジュビロ磐田への完全移籍を発表しました。

マリノスは現在ベテランの年俸大幅削減と選手放出など、コストカットでチーム内が揺れており、安心してプレー出来る環境を選んだ、ということかと思われます。

獲得したジュビロ磐田は、彼のために背番号10を準備しました。中村俊輔に対する期待の高さが窺えます。

現・横浜マリノスを牽引してきたチームの顔

中村俊輔はプロサッカー選手で、元日本代表の選手です。高校卒業後入団した横浜マリノスで、3年目にしてエースナンバー10番を獲得しました。

ゲームメーカー、キッカーとして高い技術を持ち、特にフリーキックに於いては未だ世界から称賛を受けています。

日本代表としてオリンピック世代から活躍し、特に2006年から2010年は中心選手としてチームを牽引しました。代表を引退した2010年からJリーグに復帰しています。横浜マリノスで再び10番を背負って、2015年からはキャプテンにもなりチームの顔でもあった。

出典:qoly.jp

コストカット戦略によるチーム内の不安定な状況を避けて移籍か

中村俊輔と言えば横浜マリノスのイメージが強いです。

高校卒業時からの約4年と、海外から帰ってきてからの6年、通算10年余に渡りチームの中心であり続けてきただけに、少し前から噂されていた今回の移籍報道について、半信半疑でしたが、本日正式決定が発表されてついに現実の物となりました。

マリノスとしては集客のためにも強く残留を希望したと思われますが、数年前からの海外資本シティ・グループによるコストカット戦略によりチーム内は揺れており、ベテランの中澤選手らも大幅年俸ダウンを提示される等厳しい状況です。

中村選手も現役最後は落ち着いてプレーが出来る環境を望んだのかもしれません。

ジュビロ磐田は攻撃能力を底上げして、チームに弾みをつけたい

中村選手を獲得したジュビロ磐田は、2013年にJ2へ降格しました。元日本代表であり現役時代はジュビロで活躍した名波氏が監督に就任し、2016年にJ1復帰を果たしたものの、年間成績は13位と奮っていません。

再度降格を防ぎ、チームの攻撃能力の底上げの為に、中村選手には相当な期待が掛かるものと思われます。

超有名選手だけに集客面でも期待されますね。

ライター:blu 編集:moz

-スポーツ
-, , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

浅田真央、涙をこらえる場面も「晴れやかな気持ち」笑顔で引退を報告

浅田真央はすべてをやりつくしたという思いで、引退することを決めて、感謝の気持ちを笑顔で伝えるために会見に臨みました。 いろんな質問を終えて、最後の挨拶の場面で涙しそうになったときにも後ろを振り返り、手 …

錦織選手、四大大会では初めてフェデラーと対戦!!

錦織選手対フェデラー選手の歴史に残る一戦!これまでの対戦成績はフェデラー選手が上だが、スポーツその時々で何がおこるかわからないから面白い!ぐんぐん成長していっている錦織圭の本物の力から目が離せない!! …

フェデラー怪我から復帰、全豪オープン決勝進出!!

2017年の全豪オープンで怪我から復帰して決勝まで進出したロジャー・フェデラーの活躍は素晴らしい。錦織圭選手にはぜひこのロジャー・フェデラーを越えて、同年代の選手と共に新しいプロテニス界を引っ張ってい …

東福岡高校ラグビー部が139対0で大会最多得点を更新!!

全日本高校ラグビー大会において、福岡県代表の東福岡ラグビー部が浜松工(静岡県)と対戦し、大会新となる139対0で勝利しました。これは、第80回大会に佐賀工(佐賀県)が砺波(富山県)との試合で挙げた13 …

錦織圭、全豪初戦で格下相手に辛くも勝利

ミスショットが多く、立ち上がりの悪い状態から試合は始まりました。写真からもミスショットに苦しめられているのがよく伝わってきます。それでも2セット3セットは勝ち取り、続く4セット目で終わらせたい試合でし …

まだデータがありません。