超拡散*ゲノムトンネル

“なう”の熱い最新の話題をお届けします☆彡

スポーツ

2018年W杯アジア最終予選の行方は!?

投稿日:2016-12-24 更新日:

スポーツにおける誤審とは

スポーツに於いて審判のジャッジ1つが試合結果に直結するシーンと言うものは、過去に多々あったのは間違いありません。審判も人間であり、見えなかったり判断を誤ることは十分にあることで、「誤判定」も含んで、それを受入れるリスペクト精神もスポーツの大切な部分とされているのも確かです。

しかし一方で、ことプロ・スポーツの世界では巨額のマネーが動き、ファン・サポーターの感情もあり、「誤判定」では済まされないのも確かです。

サッカー・クラブW杯では、テクノロジー判定を導入

先日日本で開催されたサッカー・クラブW杯では、テクノロジー判定が採用されていたことをご存知の方も多いと思います。試合では、実際にファールの判定などに使用される場面がありました。

野球やテニスなどと異なり、プレーが途切れることなく続くサッカーは、テクノロジー判定の導入が遅れたスポーツでもありました。

しかし、過去にも何度も繰り返された勝敗に直結する「誤判定」に、ファンやサポーターからのバッシングが強まる中、世界中が注目するサッカー・クラブW杯でテクノロジー判定が導入されたのは、今後の審判制度に大きく影響してくることでしょう。

初戦UAE戦の判定が議論に

サッカー日本代表は、2018年W杯のアジア最終予選の真っ只中ですが、未だ勝ち上がるに厳しい状況。そのきっかけとなったのが、初戦のUAE戦。試合は1-2で破れましたが、後半のFW浅野選手が放ったシュートがゴールラインを割っていないとの審判団の判定が、今でも議論の的になっています。

試合にはテクノロジー判定の導入は無かった訳ですから、当然審判団をリスペクトし判定を受け入れるしかありません。当事者の浅野選手が、「ゴールネットを揺らす様なシュートが出来なかった…」と悔やまれていたのが印象的でした。

今後、テクノロジー判定の導入の導入はあるか?

サッカー・クラブW杯で導入されたことで、国際的な大会や、各国のトップリーグなどでは、テクノロジー判定の導入検討が加速されると思われます。選手・審判団・ファンやサポーター、皆が納得出来る判定となるのは、今後のサッカー界に良い結果をもたらすと思います。

来年3月のUAE戦は・・・

残念ながら、サッカー2018年W杯・アジア最終予選にテクノロジー判定の導入は無いと思われますが、来年3月にはアウェイで再びUAEと対戦します。前回は「テクノロジー判定が導入されていたら…」でしたが、アウェイの地では「中東の笛」に屈せず、リベンジを果たしてもらいたいと期待します。

(写真はイメージであり、本文とは関係ありません。)

-スポーツ
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本人メジャーリーガーの上原浩治投手が世界一の球団と7億円で契約

上原浩治という不世出の「中継ぎ投手」がどうして、日本国民に大絶賛され国民的ヒーローという感じにならないのかを考察していくと、とても興味深いことです。日本には、先発投手を一番とするような、悪しき習慣とい …

青学大、マラソン・五輪メダルへの挑戦!!

現在箱根駅伝で3連覇中の青学大陸上部。実業団の長所を取り入れたり、新しい試みを始めようとする原晋監督の考えは素晴らしいと思います。さらに川内優輝選手などのトレーニング方法なども取り入れて「マラソン日本 …

西岡良仁が快進撃!!世界ランキング3位のワウリンカにあと一歩及ばず惜敗

21歳世界ランキング70位の西岡良仁が、BNPパリバ・オープンで世界ランキング上位者を次々に下し、世界ランキング3位をあと一歩のところまで追い詰めました。 ラッキールーザー枠での出場からの快進撃で、同 …

錦織圭、全豪初戦で格下相手に辛くも勝利

ミスショットが多く、立ち上がりの悪い状態から試合は始まりました。写真からもミスショットに苦しめられているのがよく伝わってきます。それでも2セット3セットは勝ち取り、続く4セット目で終わらせたい試合でし …

稀勢の里、ようやく掴んだ横綱昇進

スピード出世から一転スローペースで、やっと横綱の地位を勝ち取った稀勢の里関。その昇進の経緯と小錦関との比較、負け越せば即引退というその地位のプレッシャーに負けずに頑張ってくれるのか、または引退が早まる …

まだデータがありません。