超拡散*ゲノムトンネル

“なう”の熱い最新の話題をお届けします☆彡

生活

村上春樹が、新作長編小説「騎士団長殺し」を2月24日に発売

投稿日:

2月24日に発売される村上春樹さんの新作長編小説は、『騎士団長殺し』というタイトルです。ストーリーはまだ公表されていませんが、そのタイトルからは、村上作品ならではのスリリングで難解なストーリーが期待できそうです。

村上さんの長編小説はどれも有名な作品ばかりなので、今度の作品もかなりの売れ行きが予測されます。

毎年ノーベル文学賞の受賞が期待され続けている村上春樹さん

村上春樹さんは、今年の1月で68歳になる日本の小説家兼翻訳家です。

村上さんの本は世界40カ国以上の国で出版されていて、毎年ノーベル文学賞候補にも挙げられています。そういう意味でも、今世界で最も注目される小説家と言えるでしょう。

その作品は、誰にでも読みやすい文章と難解なストーリーがあいまって、世界の幅広い読者から支持を受けています。

代表作には、『ノルウェイの森』『海辺のカフカ』『1Q84』などがあります。

出典:jianshu.com

新作長編小説『騎士団長殺し』を発表

具体的な内容はまだ公表されていませんが、2月24日に発売される長編小説の題名が『騎士団長殺し』ということで、村上さんらしい難解なストーリーがイメージできます。

前回の大作『1Q84』は、社会問題を焦点にしながらも、比喩的な表現を盛り込んだ恋愛小説でした。

今回は「顕(あらわ)れるイデア編」「遷(うつ)ろうメタファー編」といった非常に哲学的なサブタイトルがついていることから、前回とひと味違ったスリリングな内容が期待できそうです。

今回は全2巻で、一冊1,944円となっています。金額を考えると図書館で予約するのも得策かもしれません。

上下2巻の長編小説は、販売部数にも大いに期待

村上さんがこれまでに出した作品のうち、2巻以上になる長編小説はどれもかなり有名で、内容の濃い作品が揃っていることから、2月に発売される新作も、発行部数は少なくとも、上下巻あわせて100万部以上になることは確実でしょう。

ちなみに、村上作品で一番ヒットした『海辺のカフカ』は上下巻累計で400万部以上発行されていることから、内容次第では300万部以上増刷されることも十分あり得ます。

村上さんは今年1月で早くも68歳になります。しかし見た目もまだまだ若いですし、これからも精力的な執筆活動を展開していただきたいですね。

ライター:st1 編集:moz

-生活
-, , , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

セブンイレブンが、富士電機の新型コーヒーマシンを採用

大型電気機器メーカー第5位・自販機事業第1位の富士電機株式会社が、大手コンビニエンスストア、セブン&アイ・ホールディングス傘下の「セブンイレブン」に新型コーヒーマシンを採用されてニュースで話題になり、 …

「ミッフィー」絵本作者、老衰のため89歳で亡くなる

ミッフィーの作者として知られるオランダのグラフィックデザイナーで絵本作家のディック・ブルーナさんが老衰のために亡くなりました。89歳でした。生涯に出版した124冊の絵本は世界中の子供たちを愛されていま …

築地初セリのマグロ、7,420万円で寿司ざんまいが落札!!

現在豊洲への移転が遅れていることが話題になっている築地市場ですが、本当にここでの最後になるかもしれないマグロの初セリが行われました。価格は7,420万円で、1kg当たりの単価は35万円です。 落札者は …

村上春樹・新作「騎士団長殺し」早くも増版、ミリオンセラーも確実!!

毎年ノーベル文学賞候補に挙げられる村上春樹さんの新作が4年ぶり、複数巻にまたがる作品では7年ぶりに発売されました。どこの書店も好調な売れ行きを実感しています。低迷する出版業界ですが、すでにミリオンセラ …

高校教師が「君の名は。」黒板アートを制作して話題に

県立高校の美術の先生が、大人気映画「君の名は。」の黒板アート作品を制作し、全国で話題になっています。そのクオリティの高さは眼を見張る程で、映画の繊細な世界観を見事に再現し、黒板ならではの趣も相成り、素 …

まだデータがありません。