超拡散*ゲノムトンネル

“なう”の熱い最新の話題をお届けします☆彡

スポーツ

木滑良選手が別府大分マラソンで3位入賞し、自己ベストも更新

投稿日:

出典:fujimotoizumi.net

2017年2月に行われた別府大分マラソンで木滑良選手は自己ベストタイムで3位に入りました。木滑良選手はチーム内の競争によりさらに伸びていくことが予想されます。ぜひ2020年尾東京オリンピックを目指してもらいたいです。

MHPS所属のマラソン選手、北海道マラソンで初優勝

木滑良は長崎県出身、瓊浦高校から三菱重工に入社、現在MHPS(三菱日立パワーシステムズ)マラソン部のキャプテンを務める26歳です。身長は168cm、体重は54キロ。

2016年8月に行われた北海道マラソンで2時間13分16秒で初優勝を果たしています。マラソンのベストタイムは2時間12分48秒、ハーフマラソンのベストは1時間2分22秒です。

出典:mainichi.jp

最後の追い上げで3位入賞、自己ベストの記録

2月5日に行われた別府大分マラソンでは中本健太郎選手が見事、エチオピアのデベレ選手との一騎打ちを制し見事優勝しました。しかし彼ももう34歳、今夏のロンドン世界選手権出場は可能性がありますが、2020年東京オリンピック出場は難しいと思います。

私が注目しているのは、残り2.195キロのタイムでは中本健太郎選手を5秒上回ったMHPSの木滑良選手です。レース中盤では10番手ほどでしたが最後の追い上げで見事3位に入り、2時間10分30秒という自己ベストの記録を出しました。

東京オリンピックを目指して、チーム内で切磋琢磨

今回のレースで、ロンドン世界選手権選考対象は1位の中本健太郎選手だけで木滑良選手は選ばれることはありません。しかし木滑良選手はさらに記録を伸ばしていく可能性があります。

今回の別大マラソンで8位に入った岩田勇治選手、木滑選手と同等の力を持つ井上大仁選手・定方俊樹選手、ベテランの域に入った松村翔選手とMHPSの同僚に素晴らしい選手がいます。

さらにチーム内で競い合い、猛練習へとつながるはずです。木滑良選手にはぜひ、2020年の東京オリンピックを目指してもらいたいと思います。

出典:nagasakimarathon.mhps.com

ライター:kg 編集:moz

-スポーツ
-, , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2026年ワールドカップより、出場枠48に大幅拡大を決定!!

サッカーW杯の本大会出場枠が、2026年の次々回開催より、現行の32ヵ国から48ヵ国に大きく増加されることが決定しました。 日本が所属するアジア地区の出場枠も、現行の4.5から増加されることが見込まれ …

浅田真央、アクセルジャンプに失敗し1回転半しか跳べず

全日本選手権の3日目、浅田真央はアクセルジャンプが失敗して1回転半となり、SP8位と出遅れてしまいました。 女子フィギュアスケート界の国民的アイドル・浅田真央 浅田真央は女子フィギュアスケート界の国民 …

イチローが特訓した、オリックス「青濤館」いよいよ幕引き

毎年恒例のイチロー選手の日本での(青濤館での)調整も今年で最後になってしまいます。ですがイチローイズムは確実に受け継がれており、新しくできる京セラドームからすぐ近くの施設では、より充実した設備ができる …

「闘将」星野仙一氏、殿堂入り

中日ドラゴンズのエースピッチャーとして活躍した星野仙一さんが、監督時代の実績が評価され今月16日に、今年の殿堂入りのメンバーに選ばれました。彼の野球界においての影響力を考えると、少し遅い殿堂入りの発表 …

日本人メジャーリーガーの上原浩治投手が世界一の球団と7億円で契約

上原浩治という不世出の「中継ぎ投手」がどうして、日本国民に大絶賛され国民的ヒーローという感じにならないのかを考察していくと、とても興味深いことです。日本には、先発投手を一番とするような、悪しき習慣とい …

まだデータがありません。