超拡散*ゲノムトンネル

“なう”の熱い最新の話題をお届けします☆彡

スポーツ

阪神マウロ・ゴメス選手が契約打ち切りで、韓国リーグへ

投稿日:

(写真はイメージであり、本文とは関係ありません。)

阪神タイガースで2014年から2016年までの3年間、クリーンナップとして活躍していたマウロ・ゴメス選手が、来シーズンの2017年は、韓国リーグのサムスン・ライオンズと契約する模様です。2016年のシーズンはこの3年間で最も成績が悪かったために、阪神球団から契約を打ち切られました。

昨シーズン年間三振数がリーグ最多で、阪神は契約打ち切り

マウロ・ゴメス選手は2014年から阪神タイガースに所属し、初年度はセントラルリーグにおいて打点王を獲得しました。阪神球団は2017年の契約を更新しませんでした。次シーズンは韓国リーグのサムスン・ライオンズと契約するようです。

2014年から2016年における3年間で、毎年20本以上のホームランを打ってきた長距離砲です。2016年における年間三振数が130とリーグでもっとも多かったこともあり、不安定感から契約を打ち切られました。

出典:daily.co.jp

福留外野手が一塁転向の予定が外れて、再契約を調整するも成らず

阪神タイガースは、甲子園を本拠地としているだけに、三振率が高いとはいえども、年間20本のホームランを打てる打者を手放すのはもったいなかったでしょう。

阪神球団も2017年のシーズンに福留外野手が一塁を守る想定をしていたので、マウロ・ゴメス選手と契約しなかったわけですが、福留選手が外野のままということになり、一塁を守る選手が空いてしまいました。

そんなマウロ・ゴメス選手をパシフィックリーグのロッテ球団が獲得を狙っていたのですが、結局、韓国リーグのサムスン・ライオンズと契約することになるようです。パリーグであれば、もっと活躍が出来たと思っていただけに非常に残念です。

韓国リーグでの活躍にも注目!!成績次第で日本球界に帰ってくる可能性も

日本球界に所属していたが、少し成績が悪くなったからと韓国球界へ移籍する外国人選手が増えています。

もしも韓国リーグで好成績を残せば、再び日本球界へ好条件で契約される可能性もあります。それだけに、マウロ・ゴメス選手が韓国球界でどこまで活躍できるか注目するところです。

最近では、韓国リーグで活躍する外国人を日本球団が獲得するケースも非常に増えています。来シーズンの韓国リーグでどんな外国人選手が活躍するのかも注目したいところです。

ライター:kzy 編集:moz

-スポーツ
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018年W杯アジア最終予選の行方は!?

スポーツにおける誤審とは スポーツに於いて審判のジャッジ1つが試合結果に直結するシーンと言うものは、過去に多々あったのは間違いありません。審判も人間であり、見えなかったり判断を誤ることは十分にあること …

青学大、マラソン・五輪メダルへの挑戦!!

現在箱根駅伝で3連覇中の青学大陸上部。実業団の長所を取り入れたり、新しい試みを始めようとする原晋監督の考えは素晴らしいと思います。さらに川内優輝選手などのトレーニング方法なども取り入れて「マラソン日本 …

日本人メジャーリーガーの上原浩治投手が世界一の球団と7億円で契約

上原浩治という不世出の「中継ぎ投手」がどうして、日本国民に大絶賛され国民的ヒーローという感じにならないのかを考察していくと、とても興味深いことです。日本には、先発投手を一番とするような、悪しき習慣とい …

フェデラー怪我から復帰、全豪オープン決勝進出!!

2017年の全豪オープンで怪我から復帰して決勝まで進出したロジャー・フェデラーの活躍は素晴らしい。錦織圭選手にはぜひこのロジャー・フェデラーを越えて、同年代の選手と共に新しいプロテニス界を引っ張ってい …

箱根駅伝の走者が警察の連携ミスであわや自動車に轢かれる寸前

昨日の箱根駅伝にて交通規制間に合わず、選手と車両が衝突しそうになりました。選手側が避けるために減速したことで大事は免れたが、警察の失態が原因であるため、今後はこの度の反省を生かして大会運営に尽力し、市 …

まだデータがありません。