超拡散*ゲノムトンネル

“なう”の熱い最新の話題をお届けします☆彡

スポーツ

日本人メジャーリーガーの上原浩治投手が世界一の球団と7億円で契約

投稿日:

上原浩治という不世出の「中継ぎ投手」がどうして、日本国民に大絶賛され国民的ヒーローという感じにならないのかを考察していくと、とても興味深いことです。日本には、先発投手を一番とするような、悪しき習慣というのがまだまだたくさんあるということを思い起こさせてくれます。

中継ぎ(リリーバー)として大活躍する上原浩治

上原浩治は現在メジャーリーグで活躍している、日本生まれの日本人プロ野球選手でピッチャーを務めています。

読売ジャイアンツに入団して活躍した後に、渡米して現在ではメジャーリーグメジャで中継ぎ(リリーバー)として大活躍中です。

現在42歳と野球選手としては高齢ながらも、多くのメジャー球団から7億円前後のオファーをもらいました。年棒の高さではなく、昨年の優勝チームであるシカゴ・カブスを新天地として選んで契約をしました。

日本では先発(スターター)に価値を置くために、あまり注目されず

よくよく考えてみればかなり凄いピッチャーなのに日本ではあまり注目されていないですよね。

田中将大(マー君)、ダルビッシュ有、前田健太(マエケン)、大谷翔平といった選手ばかり話題になって、上原に関しては日本国民はどうでもいいというような感じです。

それは、先発(スターター)が一番価値があり、中継ぎ(リリーバー)はあまり重要視しないという、日本人特有の「悪しき伝統」のせいではないでしょうか。

考えてみればもの凄い投手なのに、なぜ世間ではこんなに注目されていないんだろうというところがやはりものすごく不思議です。

高齢ながら大活躍し、メジャーリーグ史上に残る大投手に

今後も、上原が日本のメディアに大きくクローズアップされようとも、日本国民を熱狂の渦に巻き込むことはおそらくないでしょう。

しかし、彼の年齢での成績は目をみはるものがあり、メジャーリーグ史上に残る大投手であることは疑いの余地がありません。

今年も彼は大活躍するでしょうが、日本ではなぜかあまり話題になっていません。

(写真はイメージであり、本文とは関係ありません。)

ライター:mx 編集:moz

-スポーツ
-, , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

錦織圭、全豪初戦で格下相手に辛くも勝利

ミスショットが多く、立ち上がりの悪い状態から試合は始まりました。写真からもミスショットに苦しめられているのがよく伝わってきます。それでも2セット3セットは勝ち取り、続く4セット目で終わらせたい試合でし …

イチローが特訓した、オリックス「青濤館」いよいよ幕引き

毎年恒例のイチロー選手の日本での(青濤館での)調整も今年で最後になってしまいます。ですがイチローイズムは確実に受け継がれており、新しくできる京セラドームからすぐ近くの施設では、より充実した設備ができる …

稀勢の里、ようやく掴んだ横綱昇進

スピード出世から一転スローペースで、やっと横綱の地位を勝ち取った稀勢の里関。その昇進の経緯と小錦関との比較、負け越せば即引退というその地位のプレッシャーに負けずに頑張ってくれるのか、または引退が早まる …

錦織選手、四大大会では初めてフェデラーと対戦!!

錦織選手対フェデラー選手の歴史に残る一戦!これまでの対戦成績はフェデラー選手が上だが、スポーツその時々で何がおこるかわからないから面白い!ぐんぐん成長していっている錦織圭の本物の力から目が離せない!! …

フィギュア・宇野昌磨が自己最高得点で絶好調、世界歴代4位相当!!

フィギュアスケート宇野昌磨選手が、プランタン杯にて、ショート・フリーともに1位となり、国際スケート連盟非公認ながらも世界歴代4位相当に値する、自己最高得点の合計303.68にて優勝、今月末の世界選手権 …

まだデータがありません。