超拡散*ゲノムトンネル

“なう”の熱い最新の話題をお届けします☆彡

スポーツ

オランダ戦に苦戦の末、勝利した侍ジャパン!!次に控える試合は・・

投稿日:

出典:sponichi.co.jp

侍ジャパンがオランダ戦に苦しみながら勝利しました。侍ジャパンは、バレンティン、ボガーツ、グレゴリウスを擁するオランダに苦戦の末、2次R初勝利。絶好調の中田翔が5打点の挙げ、ラッキーボーイの小林が、勝ち越しのタイムリーを放ち、坂本も活躍する反面、青木宣親や山田哲人がチャンスで併殺打に倒れ、投手でも、石川が5失点リリーフの則本も同点に追い付かれる等、キューバ戦 イスラエル戦を控え、不安も見せた。

第4回WBCで、3度目の世界一を目指す侍ジャパン

今回の第4回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で、3回目の世界一を目指す野球日本代表・通称侍ジャパン。監督は、福岡ソフトバンクホークスで活躍した小久保裕紀。

今回のメンバーは前回同様、日本のプロ野球に所属する選手で編成されていますが、野手では現役メジャーリーガーの青木宣親選手がメンバーに選ばれました。

毎度手に汗を握る試合運びで、オランダ戦も大興奮!!

毎回、WBCは最後の1アウトまで見逃せない、手に汗握る試合が多いのですが、昨日の日本-オランダ戦もその通りの展開になりました。4年前の大会では、オランダには2戦2勝していたので、苦戦はしても最後は勝つと思ってました。

今回のオランダは、お馴染みのバレンティン(ヤクルト)に加え、ボガーツ(レッドソックス)やグレゴリウス(ヤンキース)等も居て、強力なチームになっていたので、試合も緊張感がありました。

その他にも、私は巨人ファンなので、坂本や小林が活躍しているのが、見ていて楽しかったです。

出典:topics.smt.docomo.ne.jp

選手の調子も少し心配・・今後の試合に注目!!

火曜日にはキューバ戦、水曜日には今大会、旋風を巻き起こしているイスラエル戦を控えており、まだまだ、気の抜けない戦いが続きます。

今回の侍ジャパンは、好調な選手となかなか調子が上がらない選手がハッキリ分かれているのが、不安な部分です。

好調な、中田翔、筒香、坂本、小林に比べて、山田哲人や青木宣親。投手では石川や則本が不安です。

ライター:hlly 編集:moz

-スポーツ
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

錦織圭、フェデラーに敗れベスト8ならず

錦織圭選手は今回の全豪オープンで、惜しくもフェデラー選手に負けてしまいました。 もう少し相手を疲れさせていれば勝利したかもしれません。トップ選手が相次いで負けていただけにもったいなかったです。 さらに …

錦織圭、ディミトロフに1−2で敗れブリスベン国際初優勝を逃す

テニス「ブリスベン国際」の決勝において、錦織圭選手(世界ランキング5位)がブルガリアのディミトロフ選手にセットカウント1-2で敗れ、この大会の初優勝を逃しました。 また、この試合の間に臀部を傷め、今後 …

箱根駅伝の走者が警察の連携ミスであわや自動車に轢かれる寸前

昨日の箱根駅伝にて交通規制間に合わず、選手と車両が衝突しそうになりました。選手側が避けるために減速したことで大事は免れたが、警察の失態が原因であるため、今後はこの度の反省を生かして大会運営に尽力し、市 …

稀勢の里、千秋楽に白鵬を退け初優勝!!横綱昇進が確実に

大関・稀勢の里(30=田子ノ浦部屋)が千秋楽で横綱・白鵬(31=宮城野部屋)を退けて念願の優勝を果たしました。昨年の年間最多勝、今回の優勝を受けて、横綱昇進を審議する理事会招集することがあきらかになり …

新横綱・稀勢の里が、明治神宮で奉納土俵入りを披露

初場所で初優勝した稀勢の里が明治神宮で奉納土俵入りを披露しました。15歳の初土俵から15年をかけて横綱へ昇進は晩成型だった先代の親方、横綱・隆の里を彷彿させます。 19年ぶりの日本出身横綱とあって日本 …

まだデータがありません。