超拡散*ゲノムトンネル

“なう”の熱い最新の話題をお届けします☆彡

政治・経済

東京オリンピックを睨んで、サイバー脅威情報を集約・センター設置

投稿日:

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに備え政府が「サイバーセキュリティ戦略」を見直し、サイバー攻撃を実際に受けた場合の「オリパラ対処調整センター」(仮称)を政府内に設置すると発表。内閣を中心に官民との連携し複雑・高度化したサイバー攻撃に対抗する見通し。

東京オリンピック時のセキュリティーを想定して組織設立

これまでPCや通信端末だけが接続されていたインターネットにさまざまなモノが接続され、インターネット上の混乱が現実にまで影響を及ぼしかねなくなっている時代。

この流れは2020年の東京オリンピックのころにはさらに加速していると考えられ、実際にオリンピックで妨害が起きたとき関係各所と連携をとり、複雑・高度化する脅威に対抗するために組織を作るようです。

ネット上の脅威が、現実に大きな影響を及ぼす可能性

いままで、インターネット上の脅威というものは見えない世界だったものが、ほとんどの人がインターネットにどこでも接続できる時代となり、あらゆる物がインターネットに接続されはじめました。

インターネット上の問題が現実的な脅威となり、政府の「サイバーセキュリティー戦略」の見直しが迫られています。これまでは映画の中の世界だった未来が悪い意味で現実となる可能性がでてきています。

インターネット上の脅威情報を集約して対処

サイバー攻撃はただの一個人が国家組織に対抗しうる力を持つ可能性があること、基本的に攻撃と防御では防御側が有効であること。ということで、実際には攻撃発生時の被害抑制や混乱の拡大の抑制が目的だと考えています。

今後は政府関係省庁やインフラ事業者、オリパラ対処調整センターの連携をより密にしていくことや、「バーチャルサイバー脅威情報集約センター」(仮称)をインターネット上に常設するとのことなので、攻撃させないというよりは攻撃されても耐えられるようにするのではないかと思いました。

ライター:vkm 編集:moz

(画像はイメージです。)

-政治・経済
-, , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本メーカー開発の新素材・炭化ケイ素繊維、米GEの最新エンジンに導入

日本のメーカーが大学と協力して開発した新素材の炭化ケイ素繊維が、米ゼネラル・エレクトリック社の最新エンジンに導入されることが発表されました。今後もロケットなど航空宇宙分野や発電機などのエネルギー分野で …

東芝・原発事業失敗で7000億円の損失、従業員19万人はどうなる!?

東芝という日本を代表する巨大メーカーが、アメリカでの原子力事業の失敗により、主力の半導体事業を分離しない限り存続できない可能性が浮上しています。従業員19万人を抱える巨大企業が存続できないことになると …

飯塚市長・副市長が麻雀賭博問題で会見、大人げない態度

福岡県飯塚市長・副市長が麻雀賭博問題で会見 福岡県飯塚市の斉藤守史市長と田中秀哲副市長が平日の昼間、つまり勤務中にもかかわらず勤務先の市庁舎を離れてお金を賭けた麻雀をしていた問題があり、市長と副市長が …

無線LAN3万ヶ所設置の方針を、総務省が発表

総務省が、2020年までに約100億円を投じて、学校や公園、博物館など約3万ヶ所に、無線LANを整備する方針を発表しました。 東京オリンピックを機会に公衆無線LANの需要が高まり 海外に行くとネット接 …

4割超の企業で人材不足!?不況なのに人材が足りないそのワケは・・・

仕事に就けない人がいまだ多くいる中、企業は人材不足で悩んでいるという矛盾が過去10年で最多の数値を記録しているそうです。人材育成を提供する新たな企業もしくは国の政策が必要になっているのかもしれません。 …

まだデータがありません。