超拡散*ゲノムトンネル

“なう”の熱い最新の話題をお届けします☆彡

スポーツ

新横綱・稀勢の里が、明治神宮で奉納土俵入りを披露

投稿日:

出典:headlines.yahoo.co.jp

初場所で初優勝した稀勢の里が明治神宮で奉納土俵入りを披露しました。15歳の初土俵から15年をかけて横綱へ昇進は晩成型だった先代の親方、横綱・隆の里を彷彿させます。

19年ぶりの日本出身横綱とあって日本中が注目し、舞い上がっています。稀勢の里がじっくりと腰をそえて相撲に専念してあげる環境を整えてあげることが大事でしょう。

今年初場所で初優勝、横綱昇進を果たす

稀勢の里は中学の時に野球をやっていたそうです。鳴戸親方が熱心に説得して中学卒業後に角界へ入門、十両昇進は貴乃花に次ぐ年少2番目の記録(17歳9カ月)を持っています。

3場所で幕内に昇進し、将来を有望視されていました。しかし、大関昇進までは42場所も要し、それから7度の綱取りを経て、今年の初場所で初優勝と横綱昇進を果たしました。

明治神宮で奉納土俵入り

1月26日に土俵入りで使用する綱を作る「綱打ち」と土俵入りの稽古があったというニュースを見ました。元横綱・大乃国の芝田山親方から直接指導されていました。そして翌27日には明治神宮で奉納土俵入りをしたとのこと。

土俵入りって横綱の大事な仕事ですし、見せ場ですよね。そんな土俵入りがたった1日の練習で本番を迎えるなんて、いきなり稀勢の里はプレッシャーかかるなあと思いました。

横綱の土俵入りを見ると相撲は神事なんだなと強く感じます。特に神社で行われる奉納土俵入りは素晴らしいですよね。土俵入りって生で見たらその迫力に感動してしまうのではないかと思います。

「雲竜型」土俵入り

土俵入りの型はふたつあって、稀勢の里は「雲竜型」を選びました。現横綱は白鵬が「不知火型」、鶴竜、日馬富士が「雲竜型」です。どちらも実在の横綱の名前から付けられたそうです。「不知火型」の横綱は短命に終わると言われますが、白鵬はジンクスを破っていますね。

19年ぶりの日本出身横綱にメディアも過熱

19年ぶりの日本出身横綱とあって、相撲を普段見ない人にも興味深い話題です。稀勢の里には気の毒ですが、来場所までメディアに追い掛け回されるでしょう。思うような練習ができないかもしれません。

昇進はちょっと甘かったのでは?と苦言を呈する人もいますから、自分の実力でそんな言葉を跳ね返してほしいと思います。そのためには、メディアも取材を遠慮したほうがいいのでは?と思います。

まわりが舞い上がっているようでは、本人にどんどんプレッシャーをかけるだけです。このニュースがあまりヒートアップしないことを願います。

ライター:nam 編集:moz

-スポーツ
-, , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

錦織圭、ディミトロフに1−2で敗れブリスベン国際初優勝を逃す

テニス「ブリスベン国際」の決勝において、錦織圭選手(世界ランキング5位)がブルガリアのディミトロフ選手にセットカウント1-2で敗れ、この大会の初優勝を逃しました。 また、この試合の間に臀部を傷め、今後 …

福原愛ちゃん、ディズニーリゾートで挙式

幼少期からマスメディアに登場し国民的人気の高い福原愛さんが去年のリオデジャネイロオリンピック後の9月1日に台湾のイケメン卓球選手と入籍しました。 今年の元旦には台湾で、2月5日には東京ディズニーリゾー …

浅田真央、涙をこらえる場面も「晴れやかな気持ち」笑顔で引退を報告

浅田真央はすべてをやりつくしたという思いで、引退することを決めて、感謝の気持ちを笑顔で伝えるために会見に臨みました。 いろんな質問を終えて、最後の挨拶の場面で涙しそうになったときにも後ろを振り返り、手 …

大谷翔平がWBC投手を辞退、全米が一斉に報道

今回のワールドベースボールクラシック(WBC)へのピッチャーとしての大谷翔平選手の出場はなくなりました。それを全米が一斉に報道したことは驚きです。来年、メジャー移籍が確実な大谷選手にとっては今が大事な …

オランダ戦に苦戦の末、勝利した侍ジャパン!!次に控える試合は・・

侍ジャパンがオランダ戦に苦しみながら勝利しました。侍ジャパンは、バレンティン、ボガーツ、グレゴリウスを擁するオランダに苦戦の末、2次R初勝利。絶好調の中田翔が5打点の挙げ、ラッキーボーイの小林が、勝ち …

まだデータがありません。