超拡散*ゲノムトンネル

“なう”の熱い最新の話題をお届けします☆彡

生活

高校教師が「君の名は。」黒板アートを制作して話題に

投稿日:

県立高校の美術の先生が、大人気映画「君の名は。」の黒板アート作品を制作し、全国で話題になっています。そのクオリティの高さは眼を見張る程で、映画の繊細な世界観を見事に再現し、黒板ならではの趣も相成り、素晴らしい作品です。

奈良県立郡山高等学校の美術講師が黒板アートを制作

黒板アートを描いたのは奈良県の県立高校の美術の先生です。2年ほど前からダヴィンチや葛飾北斎の黒板アートを制作されています。

赴任当初はマッシュルームカットに黒ずくめの服装で、先生には見えない風貌だったようです。もともとデザイナーをされていたそうです。

黒板アートを始めたきっかけは、生徒からの一通のラインで、自作の黒板アートの画像が送られたそうです。「自分が描いたものより、先生が描いた方が上手いんだろうな。」という一言がきっかけだったそうです。

黒板アートの表現力の高さに思わず驚きの声

やはり作品のクオリティの高さがまず目を引きます。映画自体も本当に繊細な描写が多く、普通に紙に描くのもとても大変そうなのに、黒板で描くあの表現力に思わず見入ってしまいますね。

そして、描いたのが県立高校の先生というところが興味深いです。プロのアーティストかと思いきや、まさかの高校の先生だったのですごく驚きました。まさに黒板の身近にいる方が描いたからこそ、また伝わるものが違うと思いました。

黒板アート作品をもっと見たい

作者の先生の作品をもっと見たいと思いました。そして、個展をして欲しいと思います。

また先生という事で、生徒さん達にも思わぬ影響を与えていると思います。今まで美術に興味がない子でも身近にアートを感じたり、学校がうまくいってない子でも、励みになったりしていると思います。

これからも、先生の作品を全国の人達が楽しみにしていると思います。

(冒頭の写真はイメージであり、本文とは関係ありません。)

-生活
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

村上春樹・新作「騎士団長殺し」早くも増版、ミリオンセラーも確実!!

毎年ノーベル文学賞候補に挙げられる村上春樹さんの新作が4年ぶり、複数巻にまたがる作品では7年ぶりに発売されました。どこの書店も好調な売れ行きを実感しています。低迷する出版業界ですが、すでにミリオンセラ …

セブンイレブンが、富士電機の新型コーヒーマシンを採用

大型電気機器メーカー第5位・自販機事業第1位の富士電機株式会社が、大手コンビニエンスストア、セブン&アイ・ホールディングス傘下の「セブンイレブン」に新型コーヒーマシンを採用されてニュースで話題になり、 …

埼玉県こども動物自然公園で「カピバラ温泉」開催!!寒い冬も親子で温かく楽しめる

埼玉県こども動物自然公園では、恒例である11月から3月31日までカピバラが露天風呂に入浴する「カピバラ温泉」が開催。人も足湯をしながらカピバラの入浴姿を見ることができる足湯体験も、限定12名で併せて行 …

ドラマーに朗報!!家庭でも手軽に練習できる「VRドラム」が登場

Emre Tanirganさんが開発しているVRアプリ「Paradiddle」を使って仮想空間でドラムを演奏する様子がYouTubeで公開されています。VRゴーグルと専用コントローラーを用意すれば、ど …

JASRACが音楽教室から著作権使用料を徴収する意向

これまでカラオケでの著作権使用料等を徴収してきたJASRACが、音楽教室からも著作権使用料を徴収する方針を打ち出したそうです。その法的根拠をはどこにあるのかよく考えてもらいたいです。 音楽教室の生徒は …

まだデータがありません。