超拡散*ゲノムトンネル

“なう”の熱い最新の話題をお届けします☆彡

スポーツ

世界記録抹消!?陸上競技の2005年以前の歴史が完全に消される可能性・・

投稿日:

出典:iaaf.org

ドーピングはやってはいけない、それが分かっていてもやってしまう人間の気持ちの弱さがあります。それは世界で名声を得たい、賞金を得たい、誰よりも強くなりたいという願望がもたらしています。

IAAFや世界中の政府は、そうしたスポーツ選手の願望に人参を付けて動かしている立場でもあります。ドーピングは選手だけの責任ではなく、今回の世界記録抹消の話も世界中で真剣に検討し憂慮されるべきことなのでしょう。

出典:afpbb.com

IAAFは2005年以前の世界記録を消すかもしれない

IAAF(国際陸上競技連盟)の最高責任者オリビエ・ガーズ氏は、過去のドーピング問題に絡めて、2005年以前の世界記録を抹消する考えがあることを述べました。

これは、これまで薬物によるドーピングという、スポーツとは切っても切れない問題の解決策の1つになりうるとのことです。

ドーピングに悩んできたIAAFにとっては、ドーピングによる世界記録というものが、目の上のたんこぶ的な存在だっただけに、実際にいつこのカードを切ってもおかしくありません。

ドーピングの可能性があっても世界記録は世界記録という見方

スポーツにおいて、世界記録の誕生は喜びと興奮に包まれますが、後にドーピングによる世界記録誕生だったと知ると、何だまたインチキかと誰もがガックリ来てしまいます。

だからこそ、スポーツ選手はみんなドーピングまみれの世界記録の抹消には賛成するかと思いました。しかし、選手によってはそれも歴史の一部であるという見方をしています。

世界記録というものは特別な存在であり、たとえドーピングの可能性があるにしても、完全に証明できない限りは残すべきという考えも一理あるかと思います。

出典:alchetron.com

世界記録抹消による陸上選手の悲喜こもごもが想像される

IAAFは実際に2005年以前のドーピング疑惑のある記録は、消してしまうかもしれません。そうすると新たな世界記録保持者が誕生することにもなりますし、世界中で記録を誇る国や家族には、それぞれ悲喜こもごもがありそうです。

陸上の世界記録とはほとんど無縁に近い日本人にとっては、この問題はただ見てるだけの話でもあります。

日本から陸上の世界記録が出ることがあれば、こうしたドーピングによる記録の問題も大きな議論の的になるかもしれません。

ライター:taty 編集:moz

-スポーツ
-, , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

木滑良選手が別府大分マラソンで3位入賞し、自己ベストも更新

2017年2月に行われた別府大分マラソンで木滑良選手は自己ベストタイムで3位に入りました。木滑良選手はチーム内の競争によりさらに伸びていくことが予想されます。ぜひ2020年尾東京オリンピックを目指して …

大谷翔平がWBC投手を辞退、全米が一斉に報道

今回のワールドベースボールクラシック(WBC)へのピッチャーとしての大谷翔平選手の出場はなくなりました。それを全米が一斉に報道したことは驚きです。来年、メジャー移籍が確実な大谷選手にとっては今が大事な …

錦織圭選手が今季シングルス初戦で逆転勝利を決め、準々決勝へ進出

プロテニスプレーヤーである錦織圭選手が、2017年における今季シングルス初戦を戦い、第一セットは落としたものの、逆転勝利にて見事準々決勝へ進出です。今回の大会は男子テニスのブリスベン国際で、1月4日に …

東福岡高校ラグビー部が139対0で大会最多得点を更新!!

全日本高校ラグビー大会において、福岡県代表の東福岡ラグビー部が浜松工(静岡県)と対戦し、大会新となる139対0で勝利しました。これは、第80回大会に佐賀工(佐賀県)が砺波(富山県)との試合で挙げた13 …

横浜マリノス・中村俊輔が、ジュビロ磐田への完全移籍を発表

長い間横浜マリノスで活躍してきた元日本代表・中村俊輔が、ジュビロ磐田への完全移籍を発表しました。 マリノスは現在ベテランの年俸大幅削減と選手放出など、コストカットでチーム内が揺れており、安心してプレー …

まだデータがありません。