超拡散*ゲノムトンネル

“なう”の熱い最新の話題をお届けします☆彡

スポーツ

浅田真央、涙をこらえる場面も「晴れやかな気持ち」笑顔で引退を報告

投稿日:

出典:headlines.yahoo.co.jp

浅田真央はすべてをやりつくしたという思いで、引退することを決めて、感謝の気持ちを笑顔で伝えるために会見に臨みました。

いろんな質問を終えて、最後の挨拶の場面で涙しそうになったときにも後ろを振り返り、手で涙をぬぐって正面に向き直りました。

出典:mdpr.jp

白いジャケット姿で臨んだ、最後のひな壇

競技者として最後となるひな壇で、フィギュアスケート女子の永遠のアイドルである浅田真央らしく最後まで笑顔でと、後ろを振り返って涙をぐっとこらえて耐えていたのが、すごく印象的でした。

彼女は自分で決めたことにはとても頑固で、最後まで笑顔を貫きました。本当に涙があふれそうになった時に、後ろを向いて手で涙をぬぐっている姿が真央ちゃんらしいと思いました。

頑なに涙を見せようとせず、最後まで笑顔を貫く姿勢

絶対に笑顔で最後を迎えたいという信念、そして頑固なまでの気持ちがよく現れていました。

ソチ5輪でフリーで演技し終わったときにも、上を向いて必死に泣くのをこらえていました。

リンクから戻ってくるときには、また笑顔でみなに手を振っている姿が印象に残っています。その時と同じ様に笑顔で終わりたかったのでしょう。

出典:dot.asahi.com

今後も彼女の姿をテレビで見たいと、日本中のファンが切望

彼女は今の印象のまま、もちろん変わらないとは思いますが、フィギュアスケートではない形で活躍されると思うし、そうあってほしいと思います。

彼女は派手な衣装や濃い化粧、華々しいものは何もなくても、そのままで可憐で美しい女性です。

またテレビに出てきて、そのままで姿で再び皆の前に現れて欲しいと願っています。

ライター:kntc 編集:moz

-スポーツ
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

本田真凜選手が世界ジュニア選手権で自己ベスト!!惜しくも2位

台湾で行われたフィギュアスケート世界ジュニア選手権で、本田真凜選手は会心の演技で自己ベストをマークしましたが、残念ながら2位に終わりました。 1位は14歳のザギトワ選手でした。過去に本田真凜選手の自己 …

イチローが特訓した、オリックス「青濤館」いよいよ幕引き

毎年恒例のイチロー選手の日本での(青濤館での)調整も今年で最後になってしまいます。ですがイチローイズムは確実に受け継がれており、新しくできる京セラドームからすぐ近くの施設では、より充実した設備ができる …

プロ野球12球団が春季キャンプイン、各球団の見どころは!?

いよいよ2月1日からプロ野球のキャンプがスタートします。セ・リーグ、パ・リーグともどこが優勝するのか興味津々です。パ・リーグの監督は3人が西武黄金期のOBで、過去にも監督を務めたOBが何人もいます。い …

世界記録抹消!?陸上競技の2005年以前の歴史が完全に消される可能性・・

ドーピングはやってはいけない、それが分かっていてもやってしまう人間の気持ちの弱さがあります。それは世界で名声を得たい、賞金を得たい、誰よりも強くなりたいという願望がもたらしています。 IAAFや世界中 …

西岡良仁が快進撃!!世界ランキング3位のワウリンカにあと一歩及ばず惜敗

21歳世界ランキング70位の西岡良仁が、BNPパリバ・オープンで世界ランキング上位者を次々に下し、世界ランキング3位をあと一歩のところまで追い詰めました。 ラッキールーザー枠での出場からの快進撃で、同 …

まだデータがありません。